おでかけ

桜島を見渡す絶景温泉宿「星野リゾート 界 霧島」が2021年1月にオープン

星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」の17番目の施設が、鹿児島県・霧島温泉に「星野リゾート 界 霧島」として2021年1月29日にオープンします。九州では、大分県・瀬の本温泉の「星野リゾート 界 阿蘇」に続いて2施設目。全ての客室からは桜島と霧島高原が広がる壮大な景色を臨むことができ、大浴場からはすすき野原が見え、大自然を感じながら温泉に浸かれます。まさに“絶景”が楽しめる温泉旅館ですよ。

桜島を見渡す絶景温泉宿「星野リゾート 界 霧島」が2021年1月にオープン 画像1

星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」って?
「界」は、星野リゾートの温泉旅館ブランド。和の趣や伝統を生かしながら現代に合ったおもてなしを追求しているのだそう。旅館の位置する地域の伝統文化や工芸を体験する「ご当地楽(ごとうちがく)」や、地域の文化に触れる客室「ご当地部屋」が特徴となっています。

星野リゾート「界 霧島」
桜島を見渡す絶景温泉宿「星野リゾート 界 霧島」が2021年1月にオープン 画像2
界 霧島は、高千穂峰(たかちほのみね)や霧島連山など、美しい自然環境が保護されている景勝地「霧島錦江湾(きんこうわん)国立公園」内に位置します。見晴らしの良い高千穂峰の中腹にあるので、天気の良い日は全ての客室から広大な霧島高原と、錦江湾や桜島を見渡すことができるのです。広大なすすき野原に佇む湯浴み小屋は、広い空と自然豊かな景色を望みながら湯浴みを楽しめます。

贅沢な眺望!全室から桜島を望める客室
桜島を見渡す絶景温泉宿「星野リゾート 界 霧島」が2021年1月にオープン 画像1
全ての客室は、霧島の美しい眺望を味わいながら、大自然を感じつつ滞在できるご当地部屋。

桜島を見渡す絶景温泉宿「星野リゾート 界 霧島」が2021年1月にオープン 画像4
ベッドボードには、火山噴火物であるシラスを用いたシラス壁で霧島連山をイメージ。室内には薩摩和紙の照明や、大島紬、薩摩錫(さつますず)などの工芸品を取り入れられる予定だとか。

すすき草原に佇む湯浴み小屋
桜島を見渡す絶景温泉宿「星野リゾート 界 霧島」が2021年1月にオープン 画像5
客室棟から少し離れた場所にある湯浴み小屋は、自然豊かなロケーションにあります。

桜島を見渡す絶景温泉宿「星野リゾート 界 霧島」が2021年1月にオープン 画像6
眺望の良い露天風呂と、源泉かけ流しの「あつ湯」、温泉成分を流す為の「ぬる湯」の2つの湯船を備える内風呂を備えています。霧島の硫黄泉(pH5.6)に浸かると、その眺望の素晴らしさと相まって心身ともにリラックスできることでしょう。

星野リゾート 界 霧島
住  所:〒899-4201 鹿児島県霧島市霧島田口字霧島山2583-21
電  話:0570-073-011(界予約センター)
客 室 数:49室
付帯設備:ロビー、食事処、トラベルライブラリー、ショップ、湯上がり処、ビューテラス
大浴場(男女別、露天風呂各1、内風呂各2)、スロープカー、
料  金:1泊 20,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別、夕朝食付)
アクセス:JR鹿島神宮駅より車で15分、鹿児島空港より車で約45分
U R L :https://kai-ryokan.jp/kirishima/
開  業:2021年1月29日    ※2020年10月5日予約開始

[@Press]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。