おでかけ

サイクリングの思い出に!「しまなみ海道」に新たな撮影モニュメントが登場

サイクリストの聖地でもあり、2019年11月にナショナルサイクルルートに指定された「しまなみ海道」では、愛媛県今治市の「来島(くるしま)海峡大橋」を中心に、今まで以上にサイクリングの旅を楽しんでもらえるような取り組みがスタート。しまなみ海道でのサイクリングがますます楽しく充実したものになりそうですよ!

サイクリングの思い出に!「しまなみ海道」に新たな撮影モニュメントが登場 画像1
来島海峡大橋の愛称「クラウン・ブリッジ」
サイクリングの思い出に!「しまなみ海道」に新たな撮影モニュメントが登場 画像2

愛媛県側の最初の橋であり、しまなみ海道最大の「来島海峡大橋」は世界初の三連吊橋。島と島を結ぶ景観が圧巻です。来島海峡大橋の橋脚とワイヤーでつながった形が王冠(クラウン)のように見えることから、日本を訪れる外国人観光客にも親しみを持ってもらえるよう、愛称として「クラウン・ブリッジ」と命名されたのだとか。

愛媛県から広島県に向かって出発するサイクリストには、これから始まるサイクリングの旅がわくわくした楽しいものとなるように送り出す役目として、広島県から愛媛県にやってきたサイクリストには、約70kmのしまなみ海道を走り切った栄誉を称える証として、しまなみ海道のサイクリングロードの象徴として「クラウン・ブリッジ」に想いが込められています。

新たな撮影名所として「SHIMANAMI」モニュメントが登場
サイクリングの思い出に!「しまなみ海道」に新たな撮影モニュメントが登場 画像3
しまなみ海道サイクリングロードの愛媛県今治市側のスタート地点にある、今治市サイクリングターミナル サンライズ糸山には「SHIMANAMI」の文字モニュメントが新たに登場しました。文字部分は愛媛県産の媛ひのきを使用。文字の手前はベンチになっているので、座ることも可能になっています。

モニュメントを正面から撮影すると、バックにはクラウン・ブリッジが写り込み、サイクリストたちの新たな撮影スポットになること間違いなしですね。

しまなみ海道では、2021年3月からローカル5Gを活用したサービスを開始する予定なんだとか。事前にアプリをダウンロードし登録しておくと、瀬戸内海の絶景をサイクリングしている姿を来島海峡大橋など8カ所程度で撮影し、約1分のオリジナル動画を作成してくれます。旅の思い出を動画として残すことができ、SNSでのシェアもできますよ。楽しみですね。

[PR TIMES]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。