おでかけ

全室オーシャンビュー!2021年夏「星野リゾート 界 別府」がオープン

2021年夏に温泉旅館ブランド「界」の18番目の施設として、大分県の別府温泉に「星野リゾート 界 別府」がオープンします。賑やかな別府温泉を彷彿させる館内に、地域の文化や特徴を体感できるご当地部屋・・・と別府温泉を満喫できる作りの宿泊施設が誕生です。
全室オーシャンビュー!2021年夏「星野リゾート 界 別府」がオープン 画像1
「界 別府」とは?
「界」は、あの星野リゾートが全国に展開する日本初の温泉旅館ブランド。旅の醍醐味のご当地の魅力を表現する「ご当地楽」のおもてなしと、滞在を通して地域の文化に触れる「ご当地部屋」が特徴の旅館です。

日本一の源泉数及び湧出量を誇る別府温泉。「界 別府」は別府湾を一望できる北浜地区に位置し、ロケーションもバッチリです。北浜地区は明治時代に旧別府港が開講して以降、日本全国から湯治客が訪れた歴史あるエリアでもあり、別府湾の玄関口、旧別府港を中心に温泉街が発展したので、「不夜城」と例えられるほど夜遅くまで人々で賑わっていました。

そんな賑やかな別府の様子を彷彿させるような館内の「界 別府」。デザインは建築家の隈研吾氏が担当。館内には石畳の路地や遊技場が備えられていて、湯治客が賑やかな別府の温泉街の様々なエンターテイメントを体験し、温泉街のそぞろ歩きを楽しんでいた様子を思い起こさせてくれます。また、別府温泉の新しい魅力を味わえるプログラムも用意する予定しているそうですよ。

宿に帰っても味わえる別府温泉の賑やかさ
全室オーシャンビュー!2021年夏「星野リゾート 界 別府」がオープン 画像2
館内に一歩足を踏み入れると、ロビーとひと続きになったテラスが広がっています。別府湾を見渡すことができる開放的なテラスには足湯があり、潮風を感じながらくつろぐことができる場所となっています。

更にロビーの奥へ進むと、和紙のちょうちんが照らす石畳が続き、別府の名産品を揃えたショップや遊技場などが連なっていて、温泉街をそぞろ歩きしているような体験ができます。その更に奥には、温もりある木目の壁が特徴的な湯小屋が佇んでいて、名湯・別府温泉を男女それぞれ内風呂や露天風呂を心ゆくまで満喫できます。

贅沢な全室オーシャンビューに、ご当地部屋
全室オーシャンビュー!2021年夏「星野リゾート 界 別府」がオープン 画像3
全室オーシャンビュー!2021年夏「星野リゾート 界 別府」がオープン 画像4

全室オーシャンビューとなっている「界 別府」の客室。室内の寝室と居間を区切る間仕切りの建具を開け放つと、海と繋がるかのような開放感を味わえ、目の前に広がる「ピクチャーウィンドウ」を通して、絵画のように広がる海の景色を楽しむことができます。

室内の壁紙や障子、浴室のガラスなどには別府の血の池地獄から着想を得た柿渋色を取り入れていて、別府温泉の熱気や温泉が湧き出す溶岩の土っぽさを表現しています。

伝統的な豊後絞りをあしらったご当地部屋のインテリア
江戸時代に盛んに生産され、現在の大分県である豊後国で始められた豊後絞り。「界 別府」のご当地部屋のインテリアにもその伝統的な「豊後絞り」の技法が使われています。

全室オーシャンビュー!2021年夏「星野リゾート 界 別府」がオープン 画像5
ヘッドボード
色はテーマカラーである柿渋色。厚い木綿地に細かい絞りがなされていて、素朴で力強い表現となっています。

全室オーシャンビュー!2021年夏「星野リゾート 界 別府」がオープン 画像6
フットスロー
筋模様が特徴的な「筋絞り」の技法を採用し、海をイメージしたフットスロー。この技法は高い技術が求められ、縦にひだをとり、棒状にして糸を巻きつけて染色しています。

全室オーシャンビュー!2021年夏「星野リゾート 界 別府」がオープン 画像7
照明
「蜘蛛絞り」の技法を使い、光と影が見えるように白い布を用いた照明です。布にしっかり残った絞りの跡と布の突起が光を拡散して柔らかい印象をかもし出しています。

いかがでしたか。「王道なのに、あたらしい。」がテーマのご当地部屋の宿泊の予定を立ててみませんか。

星野リゾート 界 別府
住所:大分県別府市北浜二丁目817番-71他
公式HP: https://kai-ryokan.jp/

[@press]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。