おでかけ

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた

いよいよ東京発着も対象になった「GoToトラベルキャンペーン」。せっかくだから遠くへ旅したいけれど、時間がない。それならば東京ステイもアリかなと思い立ち、ネットで検索。そこで目に止まったのが、今年オープンしたばかりの「東京イーストサイド ホテル櫂会(かいえ)」。なんと、かの“ファイテン”とのコラボルームがある模様!健康オタクとして好奇心が抑えきれず、早速予約してみました。
壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像1
オープンは2020年2月。客室、レストラン、ロビーすべてがピカピカ!
壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像2
(C)東京イーストサイド ホテル櫂会
「東京イーストサイド ホテル櫂会(かいえ)」は京葉線潮見駅の目の前。東京駅からわずか3駅ながらも、周辺は落ち着いた穏やかな雰囲気。近隣には運河がいくつもあり、都会のオアシスといった表情も楽しめますよ。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像3
エントランスにはアルコール消毒液や検温器を設置。さらにロビーやエレベーター、レストランなど館内の至るところにも消毒液が置かれており、何かと気になるコロナ対策もバッチリです。
カラダをリラックスに導く、ファイテンコラボルーム
壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像1
こちらがファイテンとのコラボルーム。天井が高くゆったり広々。特筆すべきは水溶化メタル技術「アクアチタン」が塗布された壁。金属の特性を最大限活用することで、カラダを本来のリラックス状態に導くのだそう。寝心地の良いシモンズ社製ベッドも相まって、いつもより眠りが深く感じられました。その目覚めの気持ち良さといったら!アクアチタン、恐るべしです。

さらにはフットマッサージ器「ソラーチ」や、入浴剤、パワーテープ、ウコン&マリアアザミ、メタックス・ローション、“金”入りのお水など、ファイテンづくしの特典が盛りだくさん。疲れた体をメンテナンスしたい時に最適な空間ですよ。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像5
筆者が気に入ったのがフットマッサージ機。ゴリッと強めの圧力がとにかくたまらないのです。正直マッサージは人が一番と思っていましたが、そんな概念が見事覆された名品でした。もう本気で購入したいぐらい!ちなみに使い捨てカバーがあるので衛生面も安心。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像6
バスルームは新しくピカピカ。掃除も行き届いていて清潔です。バスとトイレは別々。さらに今治タオルが用意されているのもポイント高し。女性スタッフの意見を取り入れたというアメティーは使い勝手も抜群でした。
運河サイクリングもおすすめです
壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像7
ホテル周辺には散策にぴったりな場所も多いですが、自転車を使えばさらに行動範囲が広がりますよ。潮見駅にはサイクルポートがあるので、気軽にサイクリングを楽しむことも可能です。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像8

自転車に乗って豊洲方面へ行ってみることに。潮見駅から豊洲駅までは約10分。坂道が多いのですが電動なのでラクラク。普段は電車で訪れる場所も、自転車で移動することで、いつもとは違った表情を感じられます。夕陽が沈む頃には、ロマンティックな運河にも出会えました。
コロナ対策も万全!人気のビュッフェが復活
壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像9

今回のファイテンコラボルームプランでは、朝食・夕食ともにメインダイニングの「アンサンブル」でいただきました。入り口では開放感ある中庭がお出迎え。やわらかな自然光がなんとも心地いい。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像10
アンサンブルでは“Healthy & Beauty”をテーマとし、新鮮で安全な食材をふんだんに使用した料理を提供。コロナ禍によりしばらくの間はセットメニューのみでしたが、10月よりビュッフェが再開。ディナータイムにはピアノの生演奏も楽しめますよ。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像11
万全の感染症対策が施されているのでビュッフェも安心。たとえば、トングを使う際には使い捨てのビニール手袋を付けるという仕様に。これならば複数の人が触れても清潔ですね。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像12
コロナ対策としてお皿ごとピックアップできるメニューを多く用意しているとのこと。ドレッシングや調味料も個装。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像13
大皿料理にはアクリルパーテーションを設置。国内産の魚介を使用したアクアパッツァや信玄鶏のグリルなど、バリエーションも豊富です。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像14
注目すべきは熊本産・黒樺牛のステーキ。58℃の低温でじっくり火入れし、仕上げに高温の鉄板で一気に焼き上げるのだそう。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像15
デザートやフルーツにも、しっかりコロナ対策がなされています。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像16
サラダに使われる野菜はどれもみずみずしく、シャキシャキ。紅芯大根や黄ビーツなど珍しいものも入っています。野菜にこだわるアンサンブルではオープン以来、サラダバーで提供。コロナ対策として断腸の思いで一時中止したため、この日は取り分けた形でいただいたのですが、11月1日からサラダバーが復活したとのことです。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像17
低温調理というテクニックから作られる黒樺牛のステーキはうっとりするほど柔らか。一方で表面がカリッと香ばしく、その対比で内側のしっとり感が主張しています。自家製のオニオンソースとも絶妙にマリアージュし、極上の口福感に満たされる逸品でした。
朝食のオムレツはトリュフ入り!
壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像18
朝食では洋スタイルのビュッフェメニューに加え、ライブキッチンでシェフが作る卵料理やフレンチトーストを味わうこともできますよ。オムレツはトリュフ入りという贅沢な仕立て。

壁にアクアチタン!「東京イーストサイド ホテル櫂会」のファイテンコラボルームに泊まってみた 画像19
みずみずしいフルーツに新鮮なサラダ、彩り豊かな温野菜、トリュフ香るオムレツ。ポジティブな1日が過ごせそうな幸せな朝ごはんでした。フレッシュなぶどう酢ジュースで目覚めもスッキリ!

今回筆者が利用した「ファイテンコラボルームプラン」は1泊2食付きで10,900円から(サ・税込/GoTo割引適用前)。東京駅からわずか3駅で体感できる、とっておきのリラックスステイを満喫してみてはいかがでしょうか。
東京イーストサイド ホテル櫂会
住所:東京都江東区潮見2-8-11
電話:03-3699-1403
https://www.hotelkaie.jp/
[Photos by Nao]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。