おでかけ

【台湾】牛肉がゴロゴロ入った濃厚牛肉麺!台北の老舗店「穆記牛肉麵」

台北の街には数多くの牛肉麺店が点在しますが、行列ができる人気店のひとつが「穆記牛肉麵」 です。ここは1979年創業の老舗牛肉麺店で、濃厚スープにもちもち太麺、そして牛肉がゴロゴロ入った牛肉麺がクセになるおいしさ。「これぞ台湾の牛肉麺!」と思わせてくれる、納得の味わいです。
【台湾】牛肉がゴロゴロ入った濃厚牛肉麺!台北の老舗店「穆記牛肉麵」 画像1
台北101近くの老舗牛肉麺店「穆記牛肉麵」
【台湾】牛肉がゴロゴロ入った濃厚牛肉麺!台北の老舗店「穆記牛肉麵」 画像2

牛肉麺の人気店「穆記牛肉麵(ムージーニウロウミエン)」は、MRT台北101 / 世貿駅から少し歩いた場所に店を構えます。台北101観光の前後に、ランチやディナーを楽しむのにぴったりの立地です。

【台湾】牛肉がゴロゴロ入った濃厚牛肉麺!台北の老舗店「穆記牛肉麵」 画像3

入店し人数を告げると、一階か地下一階の空いている席に案内してくれます。席数は豊富ですが、食事時にはあっという間に埋まってしまうほどの人気ぶり。ピーク時間帯に入る前に訪れておくと安心です。
スープは紅燒と清燉の二種類からチョイス
【台湾】牛肉がゴロゴロ入った濃厚牛肉麺!台北の老舗店「穆記牛肉麵」 画像4
お店で提供されている牛肉麺のスープは、大きく分けて2種類。濃厚な味わいの紅燒スープと、あっさりめの味わいの清燉スープがあります。お肉の種類もいくつかあり、おすすめは通常の牛肉と牛筋が半分ずつ入った半筋半肉麺です。

筆者は2人で訪れ「紅燒半筋半肉牛肉麵」と「清燉半筋半肉牛肉麵」、そしてこのお店の人気メニューのひとつ「斤餅包牛肉」を注文しました。合計価格は590元(約2,200円)。麺の種類は太麺か細麺かを選ぶことができ、おすすめは太麺(家常麺)とのことなので、そちらをチョイス。

牛肉麺にはネギとパクチーを加えてもいいか聞かれたのですが、嫌いではない限り加えることをおすすめします。ちなみにイートインの場合は、セルフサービスで紅茶をいただくことができます。
濃厚スープにハマりそう!「紅焼半筋半肉牛肉麵」
【台湾】牛肉がゴロゴロ入った濃厚牛肉麺!台北の老舗店「穆記牛肉麵」 画像1

しばらくすると、料理が運ばれてきます。どちらの牛肉麺も、牛肉がゴロゴロ入っていてとってもおいしそう!

【台湾】牛肉がゴロゴロ入った濃厚牛肉麺!台北の老舗店「穆記牛肉麵」 画像6

「紅燒半筋半肉牛肉麵」は、真っ赤なスープが目を惹きます。ひとくち飲んでみると、濃厚で深みのある味わいを感じました。醤油ベースかな?と感じたのですが、醤油は入っていないとのこと。ここのお店のスープは、調味料を独自に配合した秘伝のスープなのです。濃厚なスープにもちもちの麺が絡み合い、食べ応えがあります。

【台湾】牛肉がゴロゴロ入った濃厚牛肉麺!台北の老舗店「穆記牛肉麵」 画像7

そして、なんといっても、たっぷりと入った牛肉のおいしさに驚きます。口の中でほろっととろけるようなやわらかさでありつつも、噛むたびに旨味が口の中に広がります。牛筋肉もやわらかくてトロトロ。コラーゲンをたっぷり摂取できそうです。
あっさりスープが好きなら「清燉半筋半肉牛肉麵」
【台湾】牛肉がゴロゴロ入った濃厚牛肉麺!台北の老舗店「穆記牛肉麵」 画像8

こちらは「清燉半筋半肉牛肉麵」です。シンプルでありながらも、牛肉の旨味が溶け出したかのようなコクのあるスープです。濃すぎないあっさりとした味わいが好きな方は、こちらの牛肉麺がおすすめ。
牛肉をもちもちの皮で巻いた「斤餅包牛肉」はお店の名物!
【台湾】牛肉がゴロゴロ入った濃厚牛肉麺!台北の老舗店「穆記牛肉麵」 画像9

牛肉麺に加えて「斤餅包牛肉」という、薄い皮で牛肉を包んだ料理もお店の名物となっています。焼き色のついたモチッとした皮には甘めのタレがたっぷりぬられており、牛肉の旨味とネギのピリッとした辛さとのハーモニーが絶妙。人気なのも納得のおいしさです。

穆記牛肉麵は駅から少し離れているため、アクセスはちょっと不便ですが、この牛肉麺と斤餅包牛肉のおいしさは歩く価値があるなと感じました!台北観光の合間に、ぜひ訪れていただきたいお店です。
穆記牛肉麵
住所:台北市信義區吳興街239號

[All photos by Yui Imai]
Do not use images without permission.


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。