おでかけ

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】

京都のメインストリートともいえる烏丸通りに、2020年8月に開業した「sequence KYOTO GOJO(シークエンス キョウト ゴジョウ)」。なんとこのホテル、ゲストにはうれしいチェックアウトが14時ということに加え、朝食が何度でも食べられたり、顔認証システムが取り入れられたり、神秘的なリラクゼーション施設があったりと、今までにない京都体験ができるホテルなのです。
チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像1
最新の顔認証システムはストレスフリーで快適そのもの!
チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像2

烏丸通りに面したエントランスを入ると、ホテルとは思えないバーやレストランと一体になったレセプションに迎えられる「sequence KYOTO GOJO(シークエンス キョウト ゴジョウ)」。こちらがフロントの役割を担っているので、タブレットを使ってチェックイン!

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像3

操作方法などがわからなければ、フレンドリーなスタッフが教えてくれるので安心!ここで写真撮影をして自分の顔をカードキー代わりに登録すると、エレベーターや客室、リラクゼーション施設の入場など、すべて顔認証でパスできるのでラクチン!出かけるときもいちいち鍵の心配をする煩わしさがなく、思った以上にストレスフリーで快適!

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像4

そんな最新システムに、ちょっと意地悪していろいろ試してみたのですが、マスクは認証NGという結果に。変顔はというと・・・実際に試してみるまでのお楽しみに!しっかりとセキュリティがきいていることがわかりますよ。
翌日もゆっくりできる14時チェックアウト&朝食が何度も食べられる!
チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像5

そんなお遊びは置いておいて、「sequence KYOTO GOJO」はチェックインが17時、チェックアウトが14時という、ホテルとしてはかなり珍しいイン・アウトタイムを設定しています。最大滞在時間は21時間。朝寝坊してしまっても大丈夫!翌日もゆっくりとホテルステイを楽しめるのです。

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像6

ホテル滞在自体を楽しむことに加え、例えば、午前中に京都散策に出かけて、午後にホテルに戻って客室でまどろんだり、シャワーを浴びたりできるので、京都観光を自分スタイルでより楽しめます。

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像7

そんなホテルの気が利いているサービスが「エニータイムブレックファスト」。なんと!朝食付きプランで宿泊すると、7~14時(ラストオーダー13時30分)まで、何度でも朝食を食べることができます。

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像8

チェックアウトと同じ14時まで利用できるので、朝食+昼食をとれることはもちろん、スープやドリンクだけの利用、スイーツでおしゃべりを楽しむことも可能。今までの最高記録は1日に5回も利用したゲストがいたのだとか!

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像9

メニューもエッグベネディクトやサンドイッチなどに加え、スープやケーキ、フルーツ、ドリンクもカフェラテやレモネードなどがそろっています。ゆったりしたソファ席も用意され、気兼ねなくくつろぐことができます。
清々しさを感じるモノトーン&ミニマルな客室
チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像10

ところで客室はというと、モノトーンを基調に間接照明で演出された、無駄なものをそぎ落としたミニマルな装い。

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像11

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像12

宿泊したのはクイーンルーム。広さは約19平方メートル。箱型のクローゼットなどは設けられず、シンク・デスク・収納などが壁面にコンパクトに集約され、空間をうまく使ったレイアウトで広さ以上のスペースを感じます。テレビもポータブルテレビのみ。

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像13

ほとんどの客室はシャワーブースのみですが、普通のシャワーに加えてレインシャワーも。

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像14

でも、館内には魅惑のリラクゼーション施設があり!?こちらも期待感大なのです!

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像15
神秘的なエンターテイメント性がある極上リラクゼーション
チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像16

「エッ!これがお風呂?」と目を疑うようなアーティスティック空間は、「THE BATH」と「THE SAUNA」。どちらも日毎の男女入れ替え制なのですが、これが想像を超えるようなドラマチックなリラクゼーション施設なんです。

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像17

まずは「THE BATH」から紹介しますが、どこに湯船があるかわかりますか?右奥の水色に輝いているところが湯船なのですが、照明に映し出されるグレー&黒の空間は、音の反響も手伝って、まるで洞窟の中にいるような雰囲気。

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像18

カランはなくシャワーブースのみの設えで、真ん中のラウンドフォルムのタイルは、ホットストーンになっています。体感温度は40~45度。この上に腰掛けたり、ごろんと寝転がれば、優しく身体が温められて夢心地に。

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像19

照明に揺れる湯面が壁や天井に乱反射し、波や風、水音のBGMがかすかに流れる空間は、瞑想空間ともいえる神秘的なエンターテイメント性をもっています。

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像20

お風呂でこんなに驚いたことないわ~と思いながら、「THE SAUNA」へ行けば、こちらもグレー&黒を踏襲するデザイン。

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像21

ホットストーンとシャワーブースが配された前室を通り抜けて最奥端の扉を開ければ、ほのかにアロマが香るスチームサウナ。40~45度の低めに設定されているので、スパ感覚でのんびりと楽しめます!

チェックアウトは余裕の14時!朝食が何度も食べられるホテルに泊まってみた【sequence KYOTO GOJO】 画像22

京都の街中にあるホテルで、どこにもないお風呂&リラクゼーション体験が楽しめるとはかなりの驚き!17時イン・14時アウトという他とは一線を画したチェックイン・アウトタイム、何度でも朝食をとれる「エニータイムブレックファスト」など、今までにない新しい京都を発見できるようなエッセンスを秘めているホテルです。
sequence KYOTO GOJO(シークエンス キョウト ゴジョウ)
住所:京都府京都市下京区五条烏丸町409
料金:1泊素泊まり1名3,510円~(2名利用時) 1泊朝食付き1名5,160円~(2名利用時)
CHECK IN/OUT:17:00/14:00
客室数:208室
アクセス:地下鉄「五条駅」2番出口より徒歩3分
URL:https://www.sequencehotels.com/kyoto-gojo/
※2020年11月現在、新型コロナウイルス感染症対策のためサービス体制や料理提供方法などが通常と異なることがあります

[All Photos by (C)tawawa]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。