おでかけ

薬草で恋の成就や呪いの魔法も!「魔女文化」が残るフランス・ブルターニュ地方

フランスの北西部に位置するブルターニュ地方は、かつて魔女文化が栄えた地域。そんなブルターニュには、現在も魔女文化が残っているのだそうです。ブルターニュの魔女文化って一体どんな文化?調べてみました!
薬草で恋の成就や呪いの魔法も!「魔女文化」が残るフランス・ブルターニュ地方 画像1
ブルターニュってどんなところ?
薬草で恋の成就や呪いの魔法も!「魔女文化」が残るフランス・ブルターニュ地方 画像2

まずは、ブルターニュという土地について見ていきましょう。フランスの中でブルターニュは、ケルト文化が現在も残る地域です。ケルト文化とは自然崇拝と多神教というのが特徴で、自然とのつながりが深く、巨人や妖精伝説が有名です。そんなケルト文化を守り続けているブルターニュには、先史時代に置かれたカルナックの謎の巨石群や、中世ヨーロッパの伝説の中で魔法の森として有名だったブロセリアンドの森と考えられているパンポンの森があるなど、神秘的なベールに包まれているのです。
ヒーラーが多く存在するブルターニュ
薬草で恋の成就や呪いの魔法も!「魔女文化」が残るフランス・ブルターニュ地方 画像3

魔女文化のひとつとして有名なのは、ブルターニュにはほかの地域に比べて、ヒーラー(治療家)が現在も多く存在していることです。ヒーラーが多くいるから、病院を開くことができなかったという歴史があるほど、ブルターニュの住民はヒーラーに信頼を置いていました。

現在も、多くのテレビ番組でブルターニュのヒーラーは取り上げられ、病院に行っても治らなかったけど、ヒーラーの治療のおかげで痛みが随分と和らいだと話す人々の様子が放映されているほどです。ヒーラーは西洋医学と対立してきた歴史がありますが、古くから存在するブルターニュ文化のひとつ。ヒーラーを訪れる人たちは後を絶たないのだそうです。
魔女は薬草の使い手
薬草で恋の成就や呪いの魔法も!「魔女文化」が残るフランス・ブルターニュ地方 画像4

ブルターニュに存在した魔女は、薬草の使い手だったそうです。魔女たちがブルターニュの森で取ってきた薬草で薬を作り、近所の人が治療薬として使用していました。現在もこの文化は続いているのだとか。まるで魔女の宅急便のキキのお母さんのようですね。

また、薬だけでなく、映画で見るような薬草を使った魔法も使われていたのだそうです。恋の成就や呪いの魔法、お守りなどを魔女たちは作っていました。ブルターニュに伝わるこれらの薬草を使った魔法は、現在本などで紹介されています。
ブルターニュに伝わる魔法の薬草
薬草で恋の成就や呪いの魔法も!「魔女文化」が残るフランス・ブルターニュ地方 画像5

ブルターニュには、植物を使った魔法を実行している人が一定数いるとのこと!例えば、栗をポケットに入れて歩いたり、「Barbe de Jupiter(バルブ・ドゥ・ジュピター)」と呼ばれる植物を耳に入れると痛みが和らいだりするのだそう。また、Barbe de Jupiterを使い、好きな人を振り向かせる恋の魔法を実践している人もいるのだとか。ちょっと気になりますね!

ブルターニュの魔女たちは、魔女狩りや近代化により、減少していった歴史があります。しかし、現在ブルターニュでは魔女文化を文化遺産として、保護する動きがあるのです。2017年には、ブルターニュ美術館でブルターニュに伝わる魔女文化や伝説を題材とした企画展が行われ、好評を得ました。ブルターニュには、映画や本で見たような奥深い世界に触れることができるようです。

[参考]
L'herbier des paysans, des guérisseurs et des sorciers, France3 Bretagne

[All photos by Shutterstock.com]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。