おでかけ

「たぬき」が「きつね」に化けた!?関東と関西のうどん文化の違いとは?

寒い冬、温かいうどんが恋しい季節になりました。関東で育った筆者が京都に住んで驚いたことのひとつに、「うどん文化」の違いがあります。よく言われるだしの濃い薄いは認識していましたが、関東で言う天かすがのった「たぬきうどん」が、京都では全く別ものだったのです!なかなか興味深い、関東と関西のうどん文化の違いをひも解いていきます。
「たぬき」が「きつね」に化けた!?関東と関西のうどん文化の違いとは? 画像1
「たぬきうどん」関東と関西の違いとは?
関東で「たぬきうどん」といえば、サクサクとした天かすが入ったうどんのことを指しますよね。汁を吸いやわやわになった天かすがクセになるおいしさです。国内ならどこでも同じものだと信じて疑うことはなかったのですが、関西で「たぬきうどん」を注文しても関東と同じものは出てきません。

「たぬき」が「きつね」に化けた!?関東と関西のうどん文化の違いとは? 画像2

「たぬきうどん」が生れたのは江戸時代の終わりの関東といわれています。元々うどんの店では、天かすを無料で提供していたそうです。それを当時お店を営んでいた人が、「無料で提供するのはもったいないから、メニューにしてしまおう」と誕生したとのこと。

大正時代になり、関西でも天かす入りのうどんが登場しました。今では「天かすうどん」または「ハイカラうどん」と呼ばれています。「関西でなら捨ててもいいような天かすをうどんに入れるとは、関東の人はハイカラやなー」と皮肉を込めて言ったことから、「ハイカラうどん」と名付けられたとか。

「たぬき」が「きつね」に化けた!?関東と関西のうどん文化の違いとは? 画像3

ですが、筆者は今までに京都で見かけた記憶はありません。関西では、店によってあったりなかったりするようです。少なくとも京都ではメジャーなうどんではないと思います。関西で関東の「たぬきうどん」を食べたいときには、もしメニューにあれば「天かすうどん」もしくは「ハイカラうどん」を注文しましょう。
「たぬきうどん」は「きつねうどん」!?
「たぬき」が「きつね」に化けた!?関東と関西のうどん文化の違いとは? 画像4
(C)Yo Rosinberg
※画像はイメージです。

またややこしいことに、京都では「たぬきうどん」という名のうどんは存在します。しかし、それは短冊切りにした油揚げと刻んだ九条ネギをのせ、あんかけにしたうどんのことです。たいていおろし生姜がトッピングされ、身体がポカポカと温まります。底冷えのする京都では、熱を逃がさないためにあんかけがよく使われます。

そして大阪では「たぬき“そば”」が存在し、これには甘辛く煮た油揚げがのっています。関東なら「きつねそば」ですね。どこかで、たぬきがきつねに?きつねがたぬきに?化けたようです。
「きつねうどん」にも違いがある?
「たぬき」が「きつね」に化けた!?関東と関西のうどん文化の違いとは? 画像5

そして、もうひとつの定番「きつねうどん」は、甘辛く煮た油揚げをうどんにのせたもので、基本的には東西共に同じものです。発祥は大阪の船場にある1893年(明治26年)創業の「うさみ亭マツバヤ」です。

「たぬき」が「きつね」に化けた!?関東と関西のうどん文化の違いとは? 画像6
(C)Yo Rosinberg

さらにややこしいのが、京都には独自の文化があり、「きつねうどん」(「きざみきつね」ともいう)のきつねは油揚げですが、甘辛く煮たものではなく、そのまま短冊切りにし、刻んだ九条ネギをのせたものです。上記で紹介した京都の「たぬきうどん」にあんかけをしていないものになります。なんだか頭がこんがらがってきますね。
関東と関西のうどん「まとめ」
以上のように、「たぬきうどん」「きつねうどん」それぞれに違いがありますので、わかりやすくまとめてみました。
[関東]
・たぬきうどん → 天かすをのせたうどん
・きつねうどん → 甘辛く煮たり、味付けはお店によってさまざまですが、油揚げをのせたうどん
[関西]
・たぬきうどん → 一般的ではないが、「天かすうどん」「ハイカラうどん」という名であることもある。京都では油揚げを刻んだ「(きざみ)きつねうどん」にあんをかけたもの。
・きつねうどん → 大阪では甘辛く味付けした油揚げをのせたうどん。京都では、味付けされていない刻んだ油揚げとネギがのったもの。「きざみきつねうどん」とも言う。
「たぬき」が「きつね」に化けた!?関東と関西のうどん文化の違いとは? 画像7
(C)Yo Rosinberg
※写真はイメージです。

ほかにも、京都で初めて知ったものに「しっぽくうどん」があります。店によって異なりますが、湯葉、椎茸、青菜、人参、九条ネギ、だし巻き、かまぼこなどがのったものです。関東では「おかめうどん」に近いものでしょうか。また「のっぺいうどん」は、「しっぽくうどん」のあんかけです。これは滋賀県長浜の名物でもあるようです。

「だし」の違いはよくいわれるように、濃い目の関東ではかつお節が中心で濃い口しょうゆを使います。あっさり風味の関西では、昆布をメインに煮干しやかつおなどを使ったブレンドです。風味付け程度に使う薄口しょうゆが主流です。

「うどん」ひとつとっても、ところ変われば名前や具はさまざま。旅の途中でうどん屋さんに入ったときは、くれぐれも間違いのないように!ぜひご当地ならではの味を楽しんでみて下さいね。

[参考]
NIKKEY STYLE
美的生活
にんべん
[Photos by Shutterstock]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。