おでかけ

【世界冬の絶景】2026年の冬季オリンピック開催地、イタリア「コルティナ・ダンペッツォ」

2020年は旅好きにとって我慢の時期が続きましたね。コロナ禍で状況が刻々と変わるなか、海外旅行に明るい兆しが見えてくるよう願いつつ、冬ならではの絶景が楽しめる地を美しい写真とともにお届けします。今回ご紹介するのは、イタリアの山岳リゾート「コルティナ・ダンペッツォ」です。世界自然遺産の「ドロミーティ」の一部であり、2026年の冬季オリンピック開催地に選ばれたエリア。スキーなどのスノースポーツが楽しめるほか、絶景が楽しめるポイントも点在しています。
【世界冬の絶景】2026年の冬季オリンピック開催地、イタリア「コルティナ・ダンペッツォ」 画像1
歴史ある貴重な地形が広がる、世界遺産「ドロミーティ」
【世界冬の絶景】2026年の冬季オリンピック開催地、イタリア「コルティナ・ダンペッツォ」 画像2

イタリア北東部に位置する「ドロミーティ」は、標高3,342mの最高峰マルモラーダ山(Mt. Marmolada)をはじめとする3,000m級の山々が18峰連なる山岳地帯。古代の地殻変動によって形成されたこのエリアは、地学的にも重要とされる見事な絶景が広がります。141.903haもの広域にわたり9地域が分布し、数々のスキー場が点在。夏はハイキング、冬はウィンタースポーツが楽しめるリゾートとして人気です。
ドロミーティの女王「コルティナ・ダンペッツォ」
【世界冬の絶景】2026年の冬季オリンピック開催地、イタリア「コルティナ・ダンペッツォ」 画像3

世界遺産「ドロミーティ」の一部をなす、「コルティナ・ダンペッツォ(Cortina d’Ampezzo)」は、「ドロミーティの女王」と称される人気の山岳リゾート。2026年の冬季オリンピックがミラノと共催で行われる予定で、過去にも数々の国際スノースポーツ競技大会が開催されており、世界中から注目を集めています。

【世界冬の絶景】2026年の冬季オリンピック開催地、イタリア「コルティナ・ダンペッツォ」 画像4

(C) posztos / Shutterstock.com

標高1,224m地点にはアンペッツォ渓谷に佇む小さな町があり、山々に抱かれた威厳ある風景が楽しめます。1000年以上もの歴史ある町は、周囲の山々にあるゲレンデに直接アクセスでき、冬はウィンタースポーツを楽しむ人々でにぎわいます。

【コルティナ・ダンペッツォ(Cortina d’Ampezzo)】

公式サイト:https://www.dolomitisuperski.com/en/Experience/Ski-areas/Cortina-d-Ampezzo

アクセス:ヴェネツィアから直行バスで約2時間

絶景地に佇むフォトジェニックな山小屋がある「ラガツォイ」
【世界冬の絶景】2026年の冬季オリンピック開催地、イタリア「コルティナ・ダンペッツォ」 画像5

コルティナ・ダンペッツォの西10kmには、「ラガツォイ(Lagazuoi)」と呼ばれる山塊があります。麓からロープウェイで上った標高2,752m地点には「ラガツォイ小屋(Rifugio Lagazuoi)」があり、絶景を堪能できるスポットとして人気。宿泊施設やサウナが完備されているため、ドロミーティの雄大な景色を楽しみながらのリラックスタイムが過ごせます。宿泊すれば、朝焼けや夕景など、時間の経過とともに魅力が変化する美しい景色に出会えそうですね。

【ラガツォイ小屋(Rifugio Lagazuoi)】

公式サイト:https://www.rifugiolagazuoi.com/index_en.php

2020-21年、冬のコルティナ・ダンペッツォ
コルティナ・ダンペッツォ周辺のスキー場は、2020年12月18日~2021年5月1日までの今冬シーズンはクローズしています。ラガツォイ小屋は、年末の期間限定でオープンしていましたが基本的には閉鎖中。再オープン時期は未定です。
[参照]
・イタリア政府観光局:https://visitaly.jp/unesco/le-dolomiti/
2026年の冬季オリンピックを前に、再び注目を集める「コルティナ・ダンペッツォ」。山々の絶景の中に実際に身を置いたら、山塊の偉大なパワーを肌で感じられそうですね。

[photos by shutterstock.com]
Please do not use the photos without permission.


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。