おでかけ

肉好きならば一度は食すべき!「鳥取和牛オレイン55」の霜降りが最強すぎる【実食ルポ】

サシが繊細で、柔らかくて、旨味が濃厚で・・・なんて要素は、もはやスタンダードな和牛ですが、鳥取県には「オレイン酸」を豊富に含み、脂の質にこだわり抜いた、とんでもなくおいしいブランド牛があるんです。今回は、知る人ぞ知る逸品「鳥取和牛オレイン55」を最高の状態で食べさせてくれる「たくみ割烹店」をご紹介しましょう!
肉好きならば一度は食すべき!「鳥取和牛オレイン55」の霜降りが最強すぎる【実食ルポ】 画像1
幻の和牛を求めて
肉好きならば一度は食すべき!「鳥取和牛オレイン55」の霜降りが最強すぎる【実食ルポ】 画像2

鳥取駅から歩いて5分ほど、昔ながらの商店街の一角に佇むのが「たくみ割烹店」。“民芸のプロデューサー”として名高い吉田璋也氏が開いた和食店で、地元産食材を使った郷土料理を民芸のうつわで提供しています。

同氏による「鳥取民藝美術館」「たくみ工芸店」も隣接しており、“うつわを目で楽しみ、実際に使ってみる”という体験が可能。器好きにはたまらない場所と言えるでしょう。

肉好きならば一度は食すべき!「鳥取和牛オレイン55」の霜降りが最強すぎる【実食ルポ】 画像3

店内は民芸調の味わい深い空間です。2階にはお座敷席も。観光客だけでなく地元の人も多く、ランチタイムはにぎわいを見せていました。
しゃぶしゃぶの元祖「牛肉のすすぎ鍋」
肉好きならば一度は食すべき!「鳥取和牛オレイン55」の霜降りが最強すぎる【実食ルポ】 画像4

ランチメニューには、鳥取和牛を使用した「みそ煮込みカレー」「ハヤシライス」「すじ煮込み定食」(全て1,100円)などを用意。夜メニューも提供可能ということで、お店イチオシの「特選鳥取和牛オレイン55リブロース すすぎ鍋」(5,300円)をオーダーしました。

ちなみに「すすぎ鍋」とは、「火鍋子(ほうこうず)」という中国由来の鍋でいただく水炊きのこと。たくみ割烹店を手がけた吉田氏の本業は耳鼻科医。第二次世界大戦中に軍医として中国大陸に赴き、そこで出合った羊肉のしゃぶしゃぶ“シュワンヤンロウ”をヒントに「すすぎ鍋」を考案したのだそう。昭和37年(1962年)に同店のメニューに登場。諸説ありますが、これが現在のしゃぶしゃぶのルーツともいわれています。

肉好きならば一度は食すべき!「鳥取和牛オレイン55」の霜降りが最強すぎる【実食ルポ】 画像5

そんな由緒あるすすぎ鍋を彩るのが「鳥取和牛オレイン55」。鳥取県は大正9年(1920年)、国内初となる和牛の戸籍を整備し、血統に基づいた交配の基礎を作ったという歴史を持ちます。そして昭和41年(1966年)、全国和牛能力共進会第1回大会において県産の「気高号」が1位に選出。全国各地の有名ブランド牛の始祖となったのです。

「鳥取和牛オレイン55」に認定されるには、「気高号との血縁を有すること」「鳥取県で最も長く飼養」などに加え、「脂肪中のオレイン酸が55%以上」という厳しい条件をクリアしなければなりません。ちなみにオリーブオイルの主成分として知られるオレイン酸ですが、多ければ多いほど肉質が柔らかくなるのだとか。

肉好きならば一度は食すべき!「鳥取和牛オレイン55」の霜降りが最強すぎる【実食ルポ】 画像1

リブロースは赤身と脂身の境界がハッキリしていて鮮度の良さが一目瞭然です。特筆すべきはその柔らかさ。お箸で持つとちぎれそうなほど!
濃厚なのにさっぱり!これぞ最強の霜降り
肉好きならば一度は食すべき!「鳥取和牛オレイン55」の霜降りが最強すぎる【実食ルポ】 画像7

熱々の出汁スープで肉をさっとすすいで、

肉好きならば一度は食すべき!「鳥取和牛オレイン55」の霜降りが最強すぎる【実食ルポ】 画像8

ゴマだれにつけていただきます。口に入れた瞬間広がるのは、濃厚な肉の旨みとコク。甘い香りととろけるような食感もたまりません!霜降りながら脂感は驚くほどさっぱり。聞けば、オレイン酸の融点は16度と低いため、口溶けや風味が良くなるのだとか。

子孫ですらここまで超絶なおいしさなのですから、気高号さんご本人はどれほどのレベルであったのか気になって仕方ありません。

肉好きならば一度は食すべき!「鳥取和牛オレイン55」の霜降りが最強すぎる【実食ルポ】 画像9

〆はラーメンorうどんから選択可能。牛肉の旨みがたっぷり溶け出したスープは滋味深く、麺と抜群のハーモニーに。

肉好きならば一度は食すべき!「鳥取和牛オレイン55」の霜降りが最強すぎる【実食ルポ】 画像10

デザートはフルーツ、ヨーグルト、コーヒーからひとつチョイス。地元産の「花御所柿」は果肉がきめ細やかでジューシー。鳥取の郷土工芸品「牛ノ戸焼」の器とも美しく調和しています。

「鳥取和牛オレイン55」の年間販売頭数は400頭程度。流通量が少なく知名度は低いながらも、肉好きならば一度は食す価値大の逸品です。伝説の名牛のDNAを受け継ぐ、由緒正しきエリート牛を体感してみてはいかがでしょうか?
たくみ割烹店
住所:鳥取県鳥取市栄町652
電話:0857-26-6355
営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:第3月曜(8・12月は無休)
URL:https://mingei.exblog.jp/i4/
[All photos by Nao]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。