おでかけ

今週末、見頃を迎える桜スポットまとめ【2021年3月27日〜】

先週は、東京や広島などで例年より早く見頃を迎えました。全国的に開花が早まっている今年の桜シーズン。今週も九州や関西、関東で続々と開花宣言が発表されました。TABIZINEでは桜の見頃を逃さないよう、「週末に見頃を迎える桜スポット」を連載でお届けしています。美しく咲き誇る桜の姿に、ぜひ癒やされてください。
今週末、見頃を迎える桜スポットまとめ【2021年3月27日〜】 画像1
熊本県・一心行の大桜
今週末、見頃を迎える桜スポットまとめ【2021年3月27日〜】 画像2

南阿蘇村の春のシンボル的な存在として知られる「一心行の大桜」は、畑地帯にどっしりと佇む樹齢およそ400年といわれるヤマザクラ。存在感のあるこの桜の木は、約50年前に落雷のため幹が6本に裂け、現在のような形にまりました。落雷後にも台風などの被害を受け、幹に傷や空洞が確認されているそうですが、シーズンを迎えると見事に咲き誇ります。

柵に囲まれて大切に保護されながら、淡い薄紅色の花を咲かせ美しい姿を見せてくれる「一心行の大桜」。近くには菜の花の畑があり、黄色とピンクのコントラストが美しい写真アングルも人気です。
一心行の大桜
所在地:熊本県南阿蘇村大字中松3226-1
公式サイト:https://kumamoto.guide/spots/detail/10228

大阪府・大阪城公園
今週末、見頃を迎える桜スポットまとめ【2021年3月27日〜】 画像3

大阪のランドマークのひとつ「大阪城」は関西で有名な桜の名所とも知られており、大阪城公園内の「西の丸庭園」には桜の開花時期を判断する桜の標本木があります。この西の丸庭園にある約300本の桜を含め、公園内にはソメイヨシノを中心に約3000本の桜があり、天守閣をはじめ石垣やお堀など和の情緒あふれる風景とともに、桜の景色が楽しめます。

今年は3月18日(木)に標本木に5輪の花が確認され、気象庁から開花宣言が発表されました。今週末が見頃となりそうですね。
大阪城公園
所在地:大阪市中央区大阪城1-1
公式サイト:https://www.osakacastlepark.jp/flower/cherry_blossom.html?lang=jas

京都府・哲学の道
今週末、見頃を迎える桜スポットまとめ【2021年3月27日〜】 画像4

京都・洛東の銀閣寺から若王子神社の橋まで、琵琶湖から引かれた疏水沿いに続く約2km遊歩道「哲学の道」。通り沿いには約300本の桜が植樹されており、京都の桜の名所として知られています。この桜は、大正時代に日本画家の橋本関雪によって寄贈されたことから、地元では「関雪桜」と呼ばれて親しまれているのだとか。細い小道を覆うように桜が咲き、ピークを迎えるとピンク色のトンネルになり、のどかで風情のある桜を楽しめます。
哲学の道
所在地:京都府京都市左京区鹿ケ谷法然院西町
公式サイト:https://ja.kyoto.travel/tourism/single02.php?category_id=8&tourism_id=2684
奈良県・奈良公園
今週末、見頃を迎える桜スポットまとめ【2021年3月27日〜】 画像5

奈良市街地の東一帯を占める「奈良公園」は、敷地内に東大寺や春日大社など歴史の古い神社が建つ、奈良観光のハイライトとなる名所。広大な敷地内には桜スポットがたくさんありますが、中でもおすすめなのが、春日大社参道の奥にある鷺池(さぎいけ)に浮かぶ「浮見堂」があるエリアです。屋根のついたお堂が池に浮かんでいるかのように佇み、周辺の桜と美しい景色を作り出します。

今年の奈良公園の桜は、3月21日(日)時点で5分咲きほどとなっているそう。27日の週末は、桜が散り始めて池の水面に花びらが浮かぶ美しい様子に出合えるかもしれません。
奈良公園
所在地:奈良市登大路町30
公式サイト:http://www3.pref.nara.jp/park/
神奈川県・横浜みなとみらい
今週末、見頃を迎える桜スポットまとめ【2021年3月27日〜】 画像6

(C) picture cells / Shutterstock.com

横浜のベイエリア、横浜みなとみらいのJR桜木町駅から港の方向へ向かう通りに続く「さくら通り」。約500メートルの区間に約100本のソメイヨシノの桜があり、シーズンを迎えると横浜ならではの港の景色と織りなす美しい桜の風景が広がります。桜並木の下を歩いたり、横浜ランドマークタワーに向かう動く歩道からは、桜並木を見下ろす形で向こうのほうまで続く桜の景色を俯瞰で楽しめます。
横浜みなとみらい
所在地:神奈川県横浜市西区

山梨県・山高神代桜
今週末、見頃を迎える桜スポットまとめ【2021年3月27日〜】 画像7

日本最古の桜として知られ、日本三大桜のひとつにも数えられる、山梨県の実相寺にある「山高神代桜」。樹齢2000年ともいわれる老木で、大正時代に国の天然記念物の第一号として指定されたことで知られています。悠久の時を超えて今もなお美しい花を咲かせる貫禄ある佇まいが印象的。この山高神代桜がある実相寺には、神代桜の小桜やソメイヨシノなどほかの桜もあり、美しい姿を見せてくれます。
実相寺・山高神代桜
所在地: 山梨県北杜市武川町山高2763
公式サイト:https://www.hokuto-kanko.jp/sp/sakura_jindai

>>1本の木に会いに行く(25)樹齢2000年 日本三大桜・山高神代桜<山梨県>

[All photos by https://www.shutterstock.com/]
Please do not use the photos without permission.

※ 記事掲載の情報は、2021年3月26日現在のものです。実際の開花状況などの詳細は、公式サイト等をご確認ください。


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。