おでかけ

【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選

北から南まで全国47都道府県、日本には各土地の気候や文化に根付いたおいしいものがたくさんあります。この土地では何がおいしいの?ご自慢の郷土食は?旅に出たら、あなたの住んでいるエリアでは味わうことができない未知の美味を味わいたいですよね。あなたの旅がより楽しいものになるように、全国47都道府県各々のご当地グルメを3つセレクトしてみました。今回は島根県です。
【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選 画像1
ハート型のご縁バーガー 道の駅 湯の川
島根県のおいしいものとは?
日本一の縁結びの神様を祀る出雲大社がある、ご縁の国。日本最古の歴史書「古事記」には、八岐大蛇(やまたのおろち)退治伝説やオオクニヌシの国つくりなど出雲(島根)を舞台とする神話が記され、神々にゆかりの深い「島根県」。また、美人・美肌の名湯があり、日本海側に面し、曇りや雨・雪の日が多く日照時間が短いため、潤いのあるキメの細かい美しい肌ができる美肌県。ご縁祈願と美肌湯に、女性が憧れる旅先です。日本海有数の好漁場で、松葉ガニ、岩がき、のどぐろなどグルメ垂涎の海の幸に恵まれ、内閣総理大臣賞などを受賞したしまね和牛、日本酒発祥の地と伝えられ、天然の湧水を活かした地酒が作られています。

島根県グルメはたくさんありますが、あなたがおさえておくべき美味とは?
出雲市ほか
「出雲そば」色が黒く、風味が香り立つそば
【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選 画像2

島根県のおいしいものといえば、「出雲そば」が思い浮かぶのではないでしょうか。岩手県のわんこそば、長野県の戸隠そばと並ぶ、日本三大そばのひとつとして有名ですね。そばの実を皮ごと製粉するため、黒っぽいそばになりますが、香りが高く、風味と食感の良いそばが仕上がります。
「割子そば」と「釜揚げそば」島根県独自のそばの食しかた
【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選 画像3

冷たいそば「割子そば」は、3段重ねの丸い朱塗りの漆器に盛られています。いただく際にそばちょこは使わず、直接そばつゆと薬味を1段目のそばにかけ、2段目以降は残ったつゆを移して食べるそうです。合理的な食べ方ですね。

温かい「釜揚げそば」は、たっぷりの湯で茹でた後、水洗いせずどんぶりにそば湯(茹で汁)と一緒入れるので、そばの旨みと栄養価に優れており、とろみを感じるそばがいただけます。

出雲そば独自の食文化に触れるのも、旅の良い思い出になりますね。

https://youtu.be/WVz4gJcdHtI
出雲そば(Izumo‐SOBA)/出雲市YouTube公式チャンネル
【食べられるところ】
そば しまね観光ナビ
https://www.kankou-shimane.com/gourmet/soba/
出雲そば特集|出雲観光ガイド【出雲観光協会公式】
https://www.izumo-kankou.gr.jp/3188
など
松江市ほか
「しじみ」国内漁獲高日本一
【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選 画像4

大粒で、うまみたっぷりの島根の「ヤマトしじみ」。しじみの国内漁獲高日本一(島根県のデータによる)を誇り、海水と淡水が混ざり合う汽水湖、松江市の宍道湖で漁獲されています。朝早く湖に舟を浮かべ、しじみ漁をする様子は情緒あふれる、松江の風物詩。
「しじみ汁」と「しじみおこわ」 しじみの旨味をあますことなく使う
【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選 画像5

旨味のある出汁がでるしじみはおいしいだけでなく、現代人に不足しがちなカルシウム、鉄、ビタミンB12がたっぷり含まれています。昆布や鰹節を使わなくても、しじみの出汁でおいしいしじみ汁が一般的ですが、島根ではしじみごはんやしじみおこわがご当地グルメ。しじみの旨味をすべて活かした炊き込みご飯は、お代わりが止まらなくなりそうですね。

【食べられるところ】
根っこや https://www.nekko-group.com/nekko_ya/
こ根っこや https://www.nekko-group.com/konekko_ya/
など

出雲市、松江市、津和野町ほか
「島根スイーツ」日本三大和菓子処の実力
【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選 画像6
若草・山川・菜種の里など和菓子

【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選 画像7

島根県松江市は茶の湯文化が深く根付いた、京都・金沢と並ぶ日本三大和菓子処。松江藩松平家7代藩主・松平治郷公が、作法やしきたりに縛られすぎない「不昧流(ふまいりゅう)」を大成させたことにより、茶の湯文化が発達しました。松平公は道具自慢と贅に偏っていた茶道を批判し、千利休のわびの心を説いたのです。松江では作法にこだわらずに、緑茶やコーヒーを飲む感覚で抹茶を楽しんでいるそうですよ。

松平公が好んだ菓子「若草」「山川」「菜種の里」は、松江の三大銘菓として現在も受け継がれています。筆者は島根県の銘菓「薄小倉」をいただいたことがありますが、品の良い甘さと後味の良さに驚き、レベルの高さを実感したものです。

■参照
茶と菓子|暮らしに息づく「不昧公[ふまいこう]好み」:JR西日本
https://www.westjr.co.jp/company/info/issue/bsignal/06_vol_106/feature01.html

【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選 画像8
不昧公(ふまいこう) 抹茶ゼリーと白玉アイス
【食べられるところ】
松江でカジュアルに楽しもう!本格派のお抹茶&和菓子 しまね観光ナビ
https://www.kankou-shimane.com/pickup/9549.html
松江CHAnoYu(茶の湯)めぐり (一社)松江観光協会
https://matsue-chanoyu.jp/shop/shops/index
など
「縁結びスイーツ」恋愛力を高めてくれるかも?
【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選 画像9
縁結びぜんざい

縁結びの地では、「縁結びぜんざい」「縁結びだんご」「ご縁ぱふぇ」「ご縁あんみつ」など縁結びスイーツが充実。ハート型やピンクのスイーツが多く、恋愛力が高まりそうです。

【食べられるところ】
縁結びスイーツ しまね観光ナビ
https://www.kankou-shimane.com/sweets/index.html
Kissa&co(きっさこ)坂根屋
https://peraichi.com/landing_pages/view/sakaneya-kissaco
くつろぎ和かふぇ 甘右衛門
https://www.izumo-kankou.gr.jp/2171
など
「源氏巻」各店のパッケージもレトロ素敵
【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選 画像10

小豆のこしあんをカステラ生地で包んで焼いた「源氏巻」は、江戸時代から続く津和野を代表する和菓子。津和野はいたるところに源氏巻の和菓子店があり、値段が手頃(1本220〜270円程度)で、パッケージもレトロ素敵なので、ぜひ味比べしてみたいものです。
【買えるところ】
和菓子・源氏巻 津和野観光協会
https://tsuwano-kanko.net/category/buy/wagassi/
など
「しょうゆアイス・しょうゆソフト」塩キャラメル味に近いかも?
【日本の美味探訪】心に残る島根県のご当地グルメ3選 画像11
しょうゆアイスほか

老舗醤油(しょうゆ)店が作る、しょうゆアイスやソフトは、ほんのりしょうゆの風味とミルクの甘さがマッチ。塩キャラメルあるいはみたらしだんごのような、クセになる味わいです。
【食べられる&買えるところ】
島根のご当地ひんやりスイーツ しまね観光ナビ
https://www.kankou-shimane.com/more/food/c_sweets/
ほか
写真提供:公益社団法人 島根県観光連盟

今回は、島根県のご当地グルメの一部をご紹介しました。ご当地グルメには、各地の名産や文化が詰まっています。ぜひ、旅の思い出に味わってください。まだ出かけるのが不安というあなたは、通販で取り寄せできるお店もありますから、ご自宅で楽しむのもいいかもしれませんね。

注意:2021年3月現在の情報になりますので、店内での飲食ほか詳細につきましては、直接店舗へお問い合わせください。


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。