おでかけ

大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選

制限のある毎日が続きストレスが重なるコロナ禍の今、リゾートのようにキャンプを楽しむ「グランピング」への注目が集まっています。各地に魅力あふれる施設が続々とオープンし、大自然を満喫しながら過ごす時間は“本当の贅沢”を体感することができます。綺麗な空気を思いっきり吸いたい、家族でBBQがしたい、おしゃれな部屋で過ごしたい・・・そんな“やってみたい”が叶うグランピング施設をご紹介します!

大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像1
【鹿児島県・奄美大島】自分だけの景色を楽しむ!1日1組限定の貸切リゾート
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像2
沖縄本島から300kmほど北に位置する南の島、奄美大島。年間を通して過ごしやすい気温を保ち、白い砂浜とエメラルドグリーンに輝く海が目の前に広がります。この景色を独り占めできるのが、南国リゾートとプライベートキャンプ場が融合した新しいグランピング「HOLLY CAMP」。1日1組限定の貸切リゾートが楽しめます。
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像3
アカショウビンの声で目覚め、キラキラと輝く海を眺めながら、朝食と挽き立てのコーヒーをテラスで・・・。そんな映画のような時間が穏やかに過ぎていきます。また、ワーケーションとしても、オーシャンフロント・グランピングを楽しむことができます。

大自然を満喫!
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像4
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像5
「HOLLY CAMP」では、奄美大島の大自然を満喫できるアクティビティーが楽しめます。無限に広がる海を体感できる海上クルージングやサップヨガ、サップフィッシングをはじめ、マングローブの森や巨大なシダ科の植物が原始の森のように群生する「金作原(きんさくばる)原生林」を探検できるシーカヤックなど。

さらに、満天の星空の下で見るプライベートシネマや、ウェットスーツ素材を使用した特殊なウェディングドレスでの水中ウェディングなど、これまでになかったロケーションでの撮影なども可能。さまざまな楽しみ方ができます。

【HOLLY CAMP】
住所:〒894-0513 鹿児島県奄美市笠利町外金久815番地
電話:090-7167-1970
電話受付時間:8:00〜23:00
HP:https://livholly.com
Instagram

[PR TIMES]

【兵庫県・淡路島】淡路島に初のドーム型グランピング施設がオープン!
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像1
リゾートホテルや有名観光施設が立ち並び、本州から最も身近なリゾートアイランドの淡路島。2021年のゴールデンウィークには、淡路島初のドーム型グランピング施設「Glamping Resort Awaji-グランピングリゾートアワジ-」がオープンします。直径7m~10mの大型ドームテントが並び、淡路島の真っ青な海と空が楽しめる高台に立地しています。

大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像7
ドーム内は、冷暖房完備なので季節問わず快適に過ごすことができます。また、各テントのデッキスペースに個別のトイレ・シャワーブース・食事スペースを完備。「トイレの音が気になる」という女性の意見を配慮し、テント内ではなく、テントに隣接する形で個別トイレを設置しているのだとか。

さらに、雨の日でも快適にBBQが楽しめる専用食事スペースが各棟に設置されており、誰でも安心して楽しめる施設となっています。また、タオルセットや歯ブラシなど基本的なアメニティはもちろんのこと、ハンドソープやナイトウェアなどホテルクオリティのアメニティを準備。ペット同伴可能なドーム型テントも3棟あります。

淡路島グルメやプールも楽しめる
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像8
淡路エリアの食材を使用した「グランピングBBQプラン」や、野菜無料サービス「島野菜マルシェ」や、宿泊者のみが利用できる「ハート形プール」など、滞在中は楽しみだらけ。「bar Awaji」では、ビールや柑橘系ソフトドリンクなどのご当地ドリンクなど、地元のごちそうもたっぷりと楽しめます。

【Glamping Resort Awaji-グランピングリゾートアワジ-】
住所:〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋2604
電話番号:0120-85-8835
HP:https://awaji-glamping.com/

[PR TIMES]

【島根県】松江初のグランピンク施設!
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像9
島根県・松江に位置する「松江市宍道ふるさと森林公園」。ここでは、2021年4月に全面リニューアルを果たし、4種類の宿泊施設やキャンプ場、BBQスペースも完備した松江で初のグランピング施設となります。宍道湖を一望できる標高約120mの高台に立地し、宿泊施設が4タイプ全12棟、オートキャンプサイトが5タイプ全29区画あり、その他、イベント・結婚式なども開催できる施設となっています。

大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像10
「グランキャビン」は、今回ニューオープンした園内最大の宿泊施設。広々とした客室内には、造り付けの2段ベットがあるなど、大人も子どももワクワクするような内装に。また、車の横付やテラスでBBQができる仕様になっており、周囲の目を気にせずリラックスして過ごすことができます。

グルメに夕日、夜景まで・・・松江をたっぷり楽しめる
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像11
また、多少天候が悪い日や、直射日光がキツい日でも快適にバーベキューができる新施設「バーベキューテラス」も設置され、流し台トイレなども近くにあるため、アウトドア初心者でも手軽にバーベキューが楽しめます。丁寧に育てられた“しまね和牛”をたっぷり味わえるBBQセット「しまね和牛極《きわみ》バーベキューセット」もあり、地元の味を存分に堪能することができます。

大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像12
宍道湖といえば、「日本の夕日百選」に登録されるほど、空と湖を茜色に染める夕日が見どころ。クラブハウスに新たに増設された「そよかぜ展望デッキ」では、宍道湖の風景はもちろん、空港に離発着する飛行機をぼんやり眺める・・・なんて贅沢な時間も過ごせます。夜景スポットとしてもオススメです。

【松江市宍道ふるさと森林公園】
住所:〒699-0406 島根県松江市宍道町佐々布3353-2
TEL:0852-66-2500
HP:https://www.forestpark.or.jp
営業時間:8:00~22:00(電話受付:9:00~19:00)
※スタッフは24時間常駐
定休日:年中無休

[PR TIMES]

【静岡県】ダイナミックな富士山ととも手軽にアウトドア体験!
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像13
静岡県・富士宮市の「白糸の滝」そばで、グランピングとエコツアーを満喫できるのが「MT. FUJI SATOYAMA VACATION(マウントフジ里山バケーション)」。ダイナミックな富士山を眺めながら、富士山西麓の田園風景とともに、ゆったりと過ごせます。
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像14
寝具をセットしたグランピングテントや世界のローカルクラフトで飾られたラウンジ、シャワールームやトイレの完備など、設備の充実ぶりはもちろんのこと、朝食には地元の食材を使ったホットサンド作りや、夕食のBBQといったグルメも楽しみのひとつに。グリルや焚き火台をはじめ、ハンモックなどの様々なキャンプ道具が用意してあるため、手ぶらでもOKです。

また、安心・安全な環境で思う存分グランピングを楽しめるようにと、施設およびエコツアー体験はすべて、一組限定での貸切。大自然の中で、特別感ある時間を過ごすことができます。

地域文化や自然を楽しむ「エコツアー・プログラム」も見逃せない!
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像15
里山の四季やローカルを感じるエコツアーは、ユニークなものばかり。

早朝モーニングツアーや星空観察をはじめ、富士山の自然を満喫できる「E-BIKE」や 富士山トレッキング、酒蔵めぐり、Farm to Table(地産地消)ツアー、富士山ドラム缶風呂など、ここでしかできない体験が勢揃いしています。
*所要時間:約3~8時間程。(ツアーによって体験時間は変わります。)
*英語、フランス語、スペイン語によるガイドの対応も可能。

【MT. FUJI SATOYAMA VACATION(マウントフジ里山バケーション)】
住所:静岡県富士宮市狩宿8-2(白糸の滝から車で5分)
TEL:0544-66-5722
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休
HP:https://satoyama-vacation.com
Instagram

[PR TIMES]

【茨城県】関東に初の温水プール付きグランピング施設がオープン
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像16
2021年4月29日にオープンするのが、グランピングリゾート「EAST COAST FINE GLAMPING茨城ひたちなか」です。北関東最大級の観光スポットへのアクセスもよく、「国営ひたち海浜公園」をはじめ、「アクアワールド茨城県大洗水族館」「袋田の滝」への観光も楽しめます。

また、関東のグランピングリゾートでは初となる温水仕様のプール付きの施設となっており、関東にいながらも自然や海を感じながら、お洒落なリゾート体験ができます。
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像17
施設内で楽しめるアクティビティをはじめ、芝刈り用ロボットやプール用お掃除ロボットの導入、ゲスト専用のYogiboの提供など、グランピングリゾートが楽しくなるような仕掛けが随時に散りばめられています。また、ステイするだけでなく、企業の福利厚生施設や企業研修、イベントスペースとしてもご利用可能。さらに、ウェディング2次会やパーティー会場等としても活用できるため、さまざまな楽しみ方ができる新感覚の施設となっています。

ホテルステイの快適さ!
大自然を贅沢に楽しむ!快適なステイが叶う「グランピング」施設5選 画像18
最上位ランクの高級グランピングテントが全6棟あり、目の前は「阿字ヶ浦海岸」が広がるオーシャンビューとなっています。客室には、最高級寝具「Sealy」のベッドも定員分完備しており、スイートルーム仕様のベッドは、旅の疲れはもちろん日々の疲れも癒やしてくれます。アウトドアダイニングも併設されているため、ゆったりと家族や仲間とともにディナータイムを楽しめます。

【EAST COAST FINE GLAMPING茨城ひたちなか】
住所:茨城県ひたちなか阿字ケ浦町442
交通:【車】常磐自動車「ひたち海浜公園IC」より約5分/【電車】ひたちなか海浜鉄道湊線「阿字ヶ浦駅」より徒歩7分
客室:グランピングテント(定員4名)6室
開業日:2021年4月29日プレオープン・宿泊開始/2021年6月6日グランドオープン・記念セレモニー
HP:http://www.fineglamping.com
Instagram

[PR TIMES]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。