おでかけ

コロナ禍の新しいお出かけ! かんぽの宿3施設に「くるまパーク」が開業

温泉ホテル「かんぽの宿」では、2021年5月10日より、焼津、彦根、赤穂の3施設で新たに「くるまパーク」が開業しました。ホテル駐車場を利用して、車内泊が楽しめるこのサービスは、今回で全国19施設となります。密が避けられるレジャーとして注目が集まる「キャンピングカー」を利用して、コロナ禍の新しいお出かけを楽しみませんか?

コロナ禍の新しいお出かけ! かんぽの宿3施設に「くるまパーク」が開業 画像1
キャンピングカーの人気が上昇中
コロナ禍の新しいお出かけ! かんぽの宿3施設に「くるまパーク」が開業 画像2
コロナ禍の現在、3密が避けられるレジャーとして、キャンプに人気が集まっています。その中でも、キャンピングカーは人混みを避けられるのはもちろんのこと、子どもが騒いでも気にならないことや、ペットも同行可能といったところが人気の理由です。

また、コロナをきっかけに「キャンピングカーを購入したい」という人も増え、国内の総保有台数は右肩上がりとなっています。(出典:日本RV協会2020年7月13日発行キャンピングカー白書2020より)

温泉も楽しめる!かんぽの宿「くるまパーク」
コロナ禍の新しいお出かけ! かんぽの宿3施設に「くるまパーク」が開業 画像1
市街地から離れた風光明媚な立地と広い駐車場を所有する「かんぽの宿」では、ホテル駐車場を活用した車中泊サービス「くるまパーク」が2020年6月にスタートし、2021年1月末までには利用者数が1,000人を超え、コロナ禍に新しいお出かけとして人気となっています。

今回、5月10日からは、焼津(静岡)、彦根(滋賀)、赤穂(兵庫)の3施設で「くるまパーク」がスタート。館内では、宿泊客と同じサービスを利用できるため、温泉をはじめ宿自慢の食事なども楽しめます。また、チェックイン、チェックアウトともに午前10時と、24時間の滞在もOK!ゆっくりくつろぐことができます。

【くるまパーク開業情報】
開業日:2021年5月10日
場所:「かんぽの宿 焼津」「かんぽの宿 彦根」「かんぽの宿 赤穂」
利用時間:10:00~翌10:00(24時間)
基本料金:1回あたり2,000円/台
利用者特典: 温泉(有料)、レストラン、売店、トイレ等ホテル宿泊者と同じサービスを利用可。24時間滞在、ペット連れOK。(ご利用には「くるま旅クラブ会員」への登録が必要)
利用方法:各宿へ電話または「くるまパーク」WEBサイトから予約
URL:https://www.kanponoyado.japanpost.jp/special/carpark/

■かんぽの宿 焼津
住所:静岡県焼津市浜当目1375-2
予約電話:054-627-0661

■かんぽの宿 彦根
住所:滋賀県彦根市松原町3759
予約電話:0749-22-8090

■かんぽの宿 赤穂
住所:兵庫県赤穂市御崎883-1
予約電話:0791-43-7501

[@Press]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。