おでかけ

聖火リレーでめぐる47都道府県【5月19日~】岡山県のルート&名所・観光スポット2選

東京2020オリンピックの聖火リレーは、ギリシャの首都アテネで引き継がれた聖火が47都道府県をめぐり、日本を一周します。聖火リレーのルートに沿って、日本各地の名所・観光スポットをご紹介します!
聖火リレーでめぐる47都道府県【5月19日~】岡山県のルート&名所・観光スポット2選 画像1
岡山県のルートとランナーは?
岡山県では新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、当初予定していた公道での聖火リレーを中止することになりました。セレブレーションは岡山市と津山市で規模を縮小して無観客で実施。岡山市、津山市ともにトーチでの聖火の受け渡しのみとなりました。
見どころ・岡山城
聖火リレーでめぐる47都道府県【5月19日~】岡山県のルート&名所・観光スポット2選 画像2
岡山城は豊臣秀吉の家臣で豊臣五大老の一人・宇喜多秀家によって、8年もの歳月をかけて建てられました。特徴はなんといってもその色です。天守閣の壁に黒漆塗りの下見板を取り付けており、黒く威厳のある佇まいから「烏城(うじょう)」とも呼ばれています。周囲を流れる旭川を天然の外堀として利用しており、川面に城が映る優美な景色が楽しめます。

また、旭川の対岸には、岡山藩主・池田綱政がつくった回遊式庭園の岡山後楽園が広がります。春は桜、秋は紅葉と四季折々に違う表情を見せ、岡山城とともに名勝として親しまれています。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、岡山城天守閣と岡山後楽園は5月31日(月)まで臨時休館、6月1日(火)~2022年秋頃(予定)まで改修工事のため休館

見どころ・津山城
聖火リレーでめぐる47都道府県【5月19日~】岡山県のルート&名所・観光スポット2選 画像3
津山城は本能寺の変で討死した森蘭丸の弟、森忠政によって1604年から13年をかけて作られた城です。明治時代に建物はすべて取り壊され石垣を残すのみとなりましたが、その後、1900年に鶴山公園として公開。2005年に築城400周年を迎え、備中櫓が復元されました。

津山城は「さくら名所百選」にも選ばれ、桜の名所としても知られています。城跡には約1000本の桜が植えられ、春になると淡いピンクの桜の花で彩られた見事な景観が楽しめます。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、5月31日(月)まで休園

■あわせて読みたい
【日本の美味探訪】心に残る岡山県のご当地グルメ3選
岡山県の「アンテナショップ」で売れている商品は?人気ランキングトップ10
【地方の美味を自宅で】岡山県のお取り寄せグルメ4選


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。