おでかけ

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】

御徒町と末広町から徒歩圏内の地に、少しレトロな喫茶店を見つけました。愛媛県で長く愛されている喫茶店「フライング・スコッツマン」の都内2号店です。店先で気になったのは、流行りのフワフワ系と違う分厚いホットケーキ。お店のレトロな雰囲気の中、ビターで甘く、お酒をきかせた“大人向けホットケーキ”をいただいたので紹介します!
30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像1
1988年創業、愛媛・松山の喫茶店「フライング・スコッツマン」都内2号店
30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像2
第1号店の秋葉原店に続き、2019年にオープンした御徒町店。御徒町アーバンホテルの1階に入っていて、クラシックなホットケーキの看板に足は止まります。

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像3
奥行きのある店内には、カウンター席とテーブルがあり、仕切りも多く半個室のようで落ち着いています。向こう側がぼやけるガラスに照明が反射し、ノスタルジックな雰囲気。

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像4
新鮮な豆を挽き、サイフォンで抽出したコーヒーをいただけるのはコーヒー専門店ならでは。ブレンド、カフェオレ、カフェウィンナー、スペシャリティコーヒーまで種類も豊富です。

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像5
看板メニューは、注文後にひとつずつ丁寧に仕上げる「手作りホットケーキ」。混雑具合にもよりますが、約20〜35分かけてじっくり焼き上げています。松山店のオープンから約30年間、形は変わっていないそうです。

種類はプレーン・チョコレート・ベリー・ティラミス・抹茶・レアチーズ・季節限定などがあり、追加料金でアイスや生クリームのトッピングも可能です。

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像6
ほかにも、パティシエさん考案のパフェ、自家製ケーキなどスイーツ満載。

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像7
パスタなどお食事系に、お手軽な焼きまんじゅうもありました。
お酒とチョコの“黒い森”ホットケーキを実食!
お昼から、お酒がきいた大人甘味の一品をいただきました。

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像8
混雑していなかったので、約20分で登場した「フォレノワールホットケーキ」(1,200円・税抜)。フランス語の“フォレノワール(黒い森)”をチョコレートで表現したパティシエさんの力作。

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像9
厚さ約3cmのホットケーキが2枚重なり、チョコアイスとチョコクリームもたっぷりのった姿は圧巻の大きさです!

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像10
ブランデーのきいたダークチェリーを6粒飾り、ビターとミルク2種のチョコレートソースを贅沢にかけて、喜びの黒一面!

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像11
最近よく見るスフレやフワフワ系とは違う、ふわっとしながらしっかりとした生地。

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像12
卵が濃く、蜂蜜でほんのり甘く、母が作ってくれたような手作り感。生地の味わいと食感に、噛むほどに懐かしさを覚えます。

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像13
ブランデー薫るダークチェリーは想像以上にキリリとお酒がきいていて、一粒ずつをじっくり堪能できます。甘さを抑えたビターチョコたちの甘味も際立つ大人スイーツ!お酒に弱い方は、お体の様子を見ながらお召し上がり下さいませ。

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像14
ホットケーキとダークチェリーを、チョコレートのクリーム・アイス・ソースにつけて変化する味わいを楽しみましょう。

30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像15
“黒い森”ということですが、チョコ好きからすると、住みたくなるほどチョコ尽くしの“黒いお城”!店内のレトロな雰囲気にも合うホットケーキ。待つ時間、食べている時間、ノスタルジーに浸りましょう。
伝票の裏、イラストが描いてあるかな?
30年以上変わらないホットケーキは大人の味!レトロな喫茶店「フライング・スコッツマン」【御徒町】 画像16
「時間があったときに描いてます」と、伝票の裏にはスタッフさんの心がこもったイラストが描いてあり、お会計の時までずっと微笑ましい。

30年以上変わらない、昭和を感じるホットケーキとアナログな温かみに、ほっこり触れる時を過ごしてみませんか?
フライング・スコッツマン 御徒町店
住所:東京都千代田区外神田6−16−8 御徒町アーバンホテル1F
電話:03-5826-4990
営業時間:11:30〜18:30
定休日なし
交通:銀座線「末広町駅」から徒歩約3分、JR「御徒町駅」から徒歩約5分
HP:https://fscotsman.jp/
Instagram:@scotsman.okachi

[All photos by kurisencho]
■あわせて読みたい
【京都】ほかほか&ふわふわ!町家カフェで“抹茶のホットケーキ”「うめぞのCAFE&GALLERY」
まるで雲!金沢の人気カフェ「Cafe たもん」のふわぷるパンケーキサンドを実食【お取り寄せ】
明治神宮の森を眺めながら、マリトッツォを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。