おでかけ

【台湾】ロースト肉が3種類のった定食「三寶飯」を人気店でテイクアウト!台北「鳳城燒臘粤菜」

台湾でがっつりお肉が食べたいという方におすすめの料理が、燒臘(シャオラー)と呼ばれるロースト肉です。香港からきたグルメで、台湾でも親しまれています。今回は台北MRT公館駅近くにある人気燒臘店「鳳城燒臘粤菜」で、ロースト肉が3種類のった三寶飯をテイクアウト!大混雑の中、なんとか注文をこなすことができました。
【台湾】ロースト肉が3種類のった定食「三寶飯」を人気店でテイクアウト!台北「鳳城燒臘粤菜」 画像1
台北MRT公館駅近くでロースト肉ならココ「鳳城燒臘粤菜」
【台湾】ロースト肉が3種類のった定食「三寶飯」を人気店でテイクアウト!台北「鳳城燒臘粤菜」 画像2

台北MRT公館駅近くの「鳳城燒臘粤菜(フォンチェンシャオラーユエツァイ)」はグーグルマップの口コミでも大人気のお店で、いつも多くのお客さんでにぎわっています。台湾大学の目の前にあり、学生さんたちの利用も多いです。

2021年8月現在はコロナ対策のため、イートインは行っておらず、テイクアウトのみの提供となっていました。店頭ではデリバリーサービスのフードパンダの制服を着た方も含め、たくさんのお客さんが料理のできあがりを待っています。
どうやって注文したらいい?
たくさんのお客さんでごった返す雰囲気に、どうやって注文したらいいんだろう?と少しためらってしまいました。観察してみたところ、電話予約等をしていない場合は、まず番号札を取る必要があるようです。

番号札を取ると同時にその場にいる店員の方に注文を済ませ、代金を支払います。料理ができあがると、その番号を呼ばれ、商品を受け取るという流れです。

【台湾】ロースト肉が3種類のった定食「三寶飯」を人気店でテイクアウト!台北「鳳城燒臘粤菜」 画像3

無事に購入することができて一安心。
看板メニュー「招牌三寶飯」ってどんな料理?
【台湾】ロースト肉が3種類のった定食「三寶飯」を人気店でテイクアウト!台北「鳳城燒臘粤菜」 画像4

筆者が今回購入したのは、看板メニューの「招牌三寶飯」です。価格は100元(約395円)。「招牌」という言葉には看板メニューという意味があるので、台湾のお店で何を注文しようか迷ったら、この言葉がついているメニューを注文するのも、ひとつの方法です。

【台湾】ロースト肉が3種類のった定食「三寶飯」を人気店でテイクアウト!台北「鳳城燒臘粤菜」 画像5

そして「三寶飯」とは、3つの宝がのったご飯という意味があり、お店おすすめのお肉が3種類のったご飯のことです。お肉の種類はお店や日によって異なります。どのお肉を注文したらよいかわからないという場合に、特におすすめです。
ロースト肉が3種類!招牌三寶飯のお味は?
【台湾】ロースト肉が3種類のった定食「三寶飯」を人気店でテイクアウト!台北「鳳城燒臘粤菜」 画像6

この日の「招牌三寶飯」の内容は、豚のロースト肉、チャーシュー、骨付きの鶏肉でした。

【台湾】ロースト肉が3種類のった定食「三寶飯」を人気店でテイクアウト!台北「鳳城燒臘粤菜」 画像1

付け合わせにブロッコリーともやしの炒め物ものせられています。ご飯もたっぷりでボリューム満点。

【台湾】ロースト肉が3種類のった定食「三寶飯」を人気店でテイクアウト!台北「鳳城燒臘粤菜」 画像8

豚のロースト肉は、皮の部分がパリッとしつつもお肉が柔らかく、ジューシーで食べ応えがあります。チャーシューは身がぎゅっと詰まっていて、豚肉そのものの旨みたっぷり。骨付き鶏肉は、身がやわらかくて優しいお味でした。どれもほんのり甘いタレがお肉とよく合っていて、ご飯がすすみます。

ロースト肉定食は、とにかくガッツリお肉が食べたい!という方には特におすすめの料理です。いつか台北に来られた時には、ぜひ試してみてくださいね。
鳳城焼臘粤菜
住所:台北市大安區新生南路三段58之3號

[All photos by Yui Imai]
Do not use images without permission.


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。