おでかけ

【涼を呼ぶ夏の絶景】北関東地域の美しい滝5選

気象庁の発表によると、2021年の夏(7月~9月)の気温は平年並か平年よりやや高く、全国的に暑い夏になりそうとの予報が出ています。湿気の高い日本の夏は、体力も気力も奪われるもの。「自然の雄大なシャワー」「夏のベストな避暑地」といえば、高みから天然水を降り注いでくれる「滝」ですね。涼しい滝に行くと、ひんやりとした空気に頭も冴え、身も心も潤います。涼を呼ぶ素晴らしい日本の滝絶景を、連載でご紹介いたします。今回は、北関東地域の美しい滝です。
【涼を呼ぶ夏の絶景】北関東地域の美しい滝5選 画像1
おしらじの滝(栃木県)
四季ごとに訪れたくなる「袋田の滝」(茨城県大子町)
【涼を呼ぶ夏の絶景】北関東地域の美しい滝5選 画像2

「袋田の滝」といえば、日本三名瀑に数えられ、「日本の滝百選」にも選ばれた茨城県を代表する観光スポット。高さ120m、幅73mの大きさを誇る滝は、「四度の滝」の別名があります。由来は2つあり、ひとつは「大岩壁を四段に流れる」、もうひとつは「四季ごとに訪れなければ、真の風趣は味わえない」と西行法師が絶賛したといわれています。秋には紅葉が見事で、例年11月初旬から1月下旬には滝のライトアップが開催。冬場には滝全体が真っ白に凍結する「氷瀑」が見られる可能性も。
袋田の滝
茨城県久慈郡大子町袋田3-19
https://www.daigo-kanko.jp/fukuroda-falls.html

開運・安産信仰の地「月待の滝」(茨城県大子町)
【涼を呼ぶ夏の絶景】北関東地域の美しい滝5選 画像3
写真提供:一般社団法人茨城県観光物産協会

茨城県大子町には袋田の滝のほかに、美しい名前の「月待の滝」があります。古くから二十三夜講(二十三夜の月の出を待って婦女子が祈願)の場で、胎内観音が祀られる開運・安産信仰の地。滝の裏に入れるので、別名「裏見の滝」または「くぐり滝」といわれます。
月待の滝
茨城県久慈郡大子町川山
https://www.daigo-kanko.jp/spot-0004.html

日光を代表する名勝「華厳滝」(栃木県日光市)
【涼を呼ぶ夏の絶景】北関東地域の美しい滝5選 画像4

栃木県日光市の観光名所「華厳滝(けごんのたき)」は、日本三大名瀑で、「日本の滝百選」のひとつ。中禅寺湖の水が、落差97mの岸壁を一気に落下するさまは、夏にぴったりの爽快な絶景。岩盤の中を華厳滝エレベーターで下る観瀑台(有料)は、滝正面で間近に眺められ迫力満点。
華厳滝
栃木県日光市中宮祠
http://www.nikko-kankou.org/s/spot/5/

乙女の伝説「乙女の滝」(栃木県那須塩原市)
【涼を呼ぶ夏の絶景】北関東地域の美しい滝5選 画像5

栃木県那須塩原市の「乙女の滝」は、名前の通り清らかに優しく流れる滝。名前の由来にはいくつか伝説があり、「昔地元の若い釣り人が沢名川に行くと、滝の上に盲目の美しい乙女が現れた」「滝のやさしく美しい流れが、乙女の髪のように見える」「滝壷に若い人魚が現れた」などいずれもロマンティック。幅5m、落差10mの滝は、繊細な水流に清潔さを感じます。
乙女の滝
栃木県那須塩原市
http://www.city.nasushiobara.lg.jp/22/002572.html

東洋のナイアガラ「吹割の滝」(群馬県沼田市)
【涼を呼ぶ夏の絶景】北関東地域の美しい滝5選 画像6

天然記念物及び名勝指定の群馬県沼田市「吹割(ふきわれ)の滝」は、落差は7mですが、横幅は30mの広さ。幅広い滝から勢いよく水が流れ落ちる迫力から、別名「東洋のナイアガラ」とも呼ばれました。「滝つぼは竜宮へ通じている」との伝説が残る、ミステリアスな滝です。「日本の滝百選」のひとつ。
吹割の滝
群馬県沼田市利根町追貝
https://www.city.numata.gunma.jp/kanko/fukiware/

※記事掲載の情報は、2021年9月現在のもので、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、変更になる場合があります。最新情報については、必ず公式サイトで確認あるいは直接施設へお問い合わせください。

注意:緊急事態宣言期間中など、来訪の自粛を求めている県に関しては、無理に訪れることなく、解除の時期を待ってから訪れるようにしましょう。

[Photos by Shutterstock.com]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。