おでかけ

知らないと損をする英会話術100英会話が劇的に上達する秘訣&きっかけ

記念すべき連載100回目として、帰国子女ではなかった筆者が、イギリスで就職するに至るまでに体得した「劇的に英会話が上達する」ための方法、英語コンプレックスを克服する方法を伝授します!
知らないと損をする英会話術100英会話が劇的に上達する秘訣&きっかけ 画像1
劇的に英会話が上達する方法
「知らないと損をする英会話術」も、今回が100回目となりました。海外旅行などでのサバイバル英会話だけでなく、日常でも英語で会話するって実はとっても気軽に楽しめるということをお伝えしたいと思い、誰もが知っている基本のボキャブラリーを中心にイギリスの生きた英語をお届けしています。

今回は、帰国子女ではなかった筆者が、イギリスで生活する中で感じた「劇的に英会話が上達する方法」についてシェアしていきたいと思います。
イギリスでの最初の2年「英語って難しい!」
知らないと損をする英会話術100英会話が劇的に上達する秘訣&きっかけ 画像2
日本で生まれ育ちながら、英会話には興味があるし、海外旅行先でのやりとりぐらいならなんとか大丈夫というレベルから、イギリス生活をスタートさせた筆者ですが、最初の2年は「英語コンプレックス」に悩まされました。

特にイギリス人のグループでの会話は、まず聞き取れない! そして言いたいことがあっても「どう表現しようか?」と考えているうちに話が次へ進んでしまい、相槌ぐらいしか打てないという状況。イギリスに住み始めた当初は、英語をはやく上達させるにはどうしたらいいかばかりを考えていました。

当時は、まだネットが今ほど普及していなかったので、テレビを購入。英語の勉強になると思い、イギリスのテレビ番組を見たり、映画もよく見に行きました。また、仕事の後にパブに誘われたり、週末のパーティーがあれば「英会話の練習になるかな」と参加していました。
転機は3年目「英会話上達のために○○するをやめた」
知らないと損をする英会話術100英会話が劇的に上達する秘訣&きっかけ 画像3
英会話が思うように上達せず、悶々とする日が続いていました。ところが! 転機はいきなり訪れました。

イギリス生活3年目に入るころには「英語が不自由な自分」に慣れてきて、ある種の開き直りの境地に達し始めていました。そして、そのころから私の生活は一気に変わり、「英会話の上達のために○○する」ということを一切やめました。
・英語のために見ていたテレビ番組を見なくなった
・英語のために参加していた週末のパブやパーティーに行かなくなった
・英語のために休憩時間にイギリス人のグループと一緒にお茶をすることをやめた
その代わりに、自分が興味のあることを優先するようになりました。週末もあえて外出はせず、ハウスシェアをしていたフラットメイトと当時大人気だったイギリスのオーディション番組を毎週欠かさず見たり、フィットネスのクラスにも頻繁に参加して、オフの時間を楽しむようになりました。職場でイラっとすることがあれば、話の合う同僚とだけ、カフェに行って長めのコーヒーブレイクを取って愚痴りまくる、というようになっていきました。

そして、イギリス在住3年がたつ頃には、ネイティブの言っていることは、ほぼ聞き取れるようになり、自然なタイミングで会話が楽しめるようになっていました。
「英語で」楽しめることを探すこと
知らないと損をする英会話術100英会話が劇的に上達する秘訣&きっかけ 画像4
皆さんの英会話上達の目的は何ですか? キャリアアップの資格試験のため、旅行先でのサバイバルのため、外国人との国際交流がしたい、海外留学、もしくは海外で働きたい! 目的はさまざまでしょう。目的意識を持って生活することは大切です。しかし、もし、今「英会話を上達させたい」と焦っているのであれば、ぜひ「英会話を上達させたい」というその気持ちをいったん忘れて、「英語で」楽しめることを探してみてはいかがでしょうか?

好きな俳優の出ている海外ドラマをとことん見る。HIIT、ヨガなどのエクササイズ動画を英語で見てみる。新型コロナの影響で現在は少ないかもしませんが、英語を使ったボランティアを始めてみる、なんていうのも素敵だと思います。また、インスタやFacebookなどSNSの設定を英語にしてみるのもおすすめです。

要は「英会話上達のために」をやめて、「英語で」毎日を楽しめたら最高!ということです。

[All Photos by Shutterstock.com]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。