おでかけ

知らないと損をする英会話術101「ファイト」は「頑張れ」ではありません

落ち込んでいる人を励ましたり、何かを目指している人を応援したりしたいとき、英語ではなんて言う? 実は英語で「ファイト~!」では通じないんです! スポーツ観戦で、受験生に、引っ越していく友達に「頑張れ!」と言いたいときに使えるフレーズをご紹介します。
知らないと損をする英会話術101「ファイト」は「頑張れ」ではありません 画像1
「頑張れ!」と応援するには?
「頑張れ!」と応援したいとき、英語はなんて言う?

Fight! ファイト!
Do your best! 最善を尽くして頑張れ!

多くの人が思いつくであろうこの2つ、実はどちらもネイティブにはイマイチなフレーズなんです!

まず、Fight!は「戦う、対戦する」という意味で、英語では「頑張れ!」としては一切通じません。またDo your best!も親が子どもに、または先生が生徒に対して「最善を尽くして(結果はどうあれ)頑張りなさい」と使われることはありますが、大人同士の日常会話で聞くことはあまりありません。

英語では「頑張ってね」を使いたくなる場面では、「うまくいきますように!」と一緒に願ってあげるというのが一般的です。
Come on! Go!
知らないと損をする英会話術101「ファイト」は「頑張れ」ではありません 画像2
スポーツ観戦中に熱くなってスポーツ選手にかける言葉と言えば、Come on!もしくはGo!(Go on!)というフレーズです。どちらも「行け! 頑張れ!」という意味ですが、Come on!のほうには「もっと頑張れ! どうした! しっかりしろ!」というようなニュアンスで使われることも多くあります。

例)Come on Japan! You need to score here to be qualified for the World Cup!

頑張れ、日本! ワールドカップ予選突破するには、ここでゴールしないと!
Keep going! Keep it up!
知らないと損をする英会話術101「ファイト」は「頑張れ」ではありません 画像3
今すでに頑張っている人に対して「その調子!」と応援したいときには、Keep going! もしくはKeep it up!を使います。

例)You’ve been doing good! Keep going!
うまくできてるよ!その調子!
Go for it!
何か新しい挑戦を始めようとしている人に対して「応援しているよ。やってみなよ」と背中を押してあげるときによく使うのがGo for it! (それに向かって行け!)というフレーズです。

例)Go for it! You can do it!
頑張れ!君ならできるよ!
Good luck!
知らないと損をする英会話術101「ファイト」は「頑張れ」ではありません 画像4
Good luckは「幸運を願っています。」という意味でよく使われます。新しい仕事を始めるという友達にGood luck with your new job!(新しい仕事、がんばってね!)と声をかけてあげるとよいでしょう。
Fingers crossed!
知らないと損をする英会話術101「ファイト」は「頑張れ」ではありません 画像5
Good luckとほぼ同じ意味で欧米でよく聞くのは、Fingers crossed(指を交差させる)というフレーズです。これはイギリス、アメリカのどちらでも共通のGood luck!を意味する縁起を担ぐときにするジェスチャーです。

例)I’ll keep my fingers crossed.
幸運を願っています!

「あなたの幸運を願って、私の指をクロスさせておくね! 応援してるよ!」という意味です。
I hope it goes well!
「頑張って!」と相手を応援してあげたいときに使える、筆者の一番のおすすめは、I hope it goes well!です。相手に対して「最善を尽くしなさい」と上から目線ではないので、誰に対しても使えて「うまくいくといいですね。応援してますよ」とさらっと伝えることができるため、どんな場面でも使えます。

例)I’ve got a driving test tomorrow.
明日は運転免許の試験なんだ。

I hope it goes well!
うまくいくといいね!

[All Photos by Shutterstock.com]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。