おでかけ

【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市

以前に比べて旅の姿も大きく様変わりし、手軽に楽しめる「マイクロツーリズム」への注目度も上がってきていますよね。そこで今回は首都圏からもアクセスしやすい「千葉県茂原市」をクローズアップ。映画やドラマのロケ地巡りや、ジビエ料理や工場見学など、実は同地ならではのさまざまな楽しみが多くあるのです。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像1
電車を降りたらロケ地巡りがスタート!
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像2
JR千葉駅から外房線に乗り10駅。茂原駅には約38分で到着します。駅を降りれば、なんとすぐにロケ地!
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像3
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像4
南口の複合施設「サンヴェル」の裏に回ると、ドラマ「キワどい2人」で、田中圭さんが犯人であるマキタスポーツさんを追うシーンに使われたスポットが。こちらはなんと、東京・池袋という設定で使われたそうです。そういわれると、なんとなく池袋っぽいかも・・・。
【南総サンヴェルプラザ(SUN VERT)】
住所:千葉県茂原市千代田町1-6

【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像5
つづいて、茂原駅前商店街から榎町商店街へ。この商店街も、ドラマや映画、バラエティなど数々のロケに使われています。なんともレトロな雰囲気が漂い、散策しているだけでも楽しくなります。そして歩いて気づくのは、居酒屋の数。なんと茂原市の人口よりも多いといわれているのだとか! 茂原市ではしご酒も楽しそうです。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像6
そうこうしているうちに出てきたのが「石井菓子店」。ここはバラエティ番組のロケや映画にもよく出てくるそうです。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像7
地元の方々に愛されつづけている老舗の和菓子屋で、撮影中にもどんどんお客さんがお団子を買いに来ていたとか。
【石井菓子店】
住所:千葉県茂原市高師832

【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像8
またこの商店街は、土屋太鳳さん主演のドラマ「チア☆ダン」のロケ地にもなっており、「駅前商店街駐車場」では、お祭りのシーンが撮影されました。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像9
榎町商店街のこの場所では、土屋太鳳さんをはじめとするロケッツのメンバーと、教師役のオダギリジョーさんが横並びで歩いたシーンにも使われています。同じポーズをして写真撮影を楽しむ「なりきりスポット」としても人気なのだとか。こういうのって、ドラマ好きにはたまらないですよねぇ。

そしてこの場所では、映画「浅田家!」で二宮和也さんと菅田将暉さんが、津波に飲まれた写真を集めるというシーンが撮影されました。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像10
東日本大震災で被災した状況を再現するために、地元の土木業者が全面協力し、がれきや廃車などを道路に積み上げたのだとか。地元のお店や業者が一体となってロケを盛り上げているんですね。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像11
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像12
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像13
そのほか、ドラマ「パパがも一度恋をした」や、「SUMMER NUDE」、「ストロベリーナイト・サーガ」、「あなたには帰る場所がある」、映画「旅猫リポート」など、挙げればキリがないほどの人気作品に登場しています。実は筆者もこの日、映画の撮影に遭遇しました。いかに撮影が日常的に行われているのかがわかります。
少し足を延ばせば、もっと世界に浸れる
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像14
こちらの「旧西陵中学校」は、もはやロケの聖地といっていいほど、数々の人気作品で使用されています。映画「罪の声」では、主人公の星野源さんがクランクインした場所だそう。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像15
そのほか「そして、バトンは渡された」、「青のSP~学校内警察・嶋田隆平~」、「コントが始まる」、バラエティ「有吉の壁」と、かなり幅広い作品に使用されています。

三角屋根のおしゃれな校舎が私立学校にも見え、校舎からの風景も、片方は住宅がびっしりと建ち並ぶ都会風だったり、その反対側の窓からは何もない自然が広がっていたりと、その不思議な立地条件もロケ地に選ばれる理由なのだとか。
【旧西陵中学校】
住所:千葉県茂原市緑ケ丘1-53

【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像16
外観を見た瞬間に「映画そのものだ!」と興奮するのが「本納公民館旧新治分校」。こちらは、映画「青くて痛くて脆い」で、物語をリードする秘密結社サークル「モアイ」の秘密基地だった場所。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像17
中に入ることはできませんが、まだ小道具が保管されているので窓から「モアイ」の看板を確認できるかも!?
【本納公民館旧新治分校】
住所:千葉県茂原市下太田59-1

【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像18
茂原市役所には、作品のポスターや俳優さんのサインなどが飾ってあり、これもファンにとってはたまりません。また、わかりやすい「ロケ地マップ」も置いてあるのでぜひ立ち寄ってみてください。
【茂原市役所】
住所:千葉県茂原市道表1

思いっ切り楽しみたい!茂原グルメ
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像19
旅の楽しみといえば、やはりその土地ならではのおいしいもの。その満足度によって旅の思い出も大きく左右しますよね。茂原はグルメも充実しているんです!

まず、必ず行きたいのが、本格イタリアン料理お店「Pesce Azzurro(ペッシュアズーロ)」。シェフの池田さんは、いすみ鉄道レストランの専属シェフもつとめており、テレビや雑誌などメディアにも多く取り上げられるほどの人気店。大原港で水揚げされた新鮮な魚介類をはじめ、こだわりの野菜やチーズなど、外房のおいしいものを使った料理が楽しめます。

今回、前菜3品盛り合わせと、パスタにデザート3品盛り合わせ、そしてドリンク1杯がついた「ヴェネツィアセット」をいただいてきました。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像20
こちらは、前菜3品盛り合わせ。内容は、赤ワインと紅茶で2日間煮込んだ地だこや、いすみ市にある「高秀牧場」のモッツアレラチーズ、さわらのカルパッチョなど。どれも食べ応えあるサイズ感にカットされており、味わいとともにとても贅沢。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像21
パスタは選ぶことができ、「白子産玉葱とベーコンのトマトソース アマトリ風」をチョイス。

濃厚でありながら、ほどよい酸味のトマトソースがプリプリのパスタにたっぷりとからみ、思わず「おいし~」と声が出てしまうほど。厚切りベーコンの旨みとも相性も抜群です。そして、白子産の玉ねぎは、ほどよいサイズ感でカットされているため、ほんのり食感も残っており、食べるたびに甘味を感じます。まるで主役のような存在感!
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像22
デザートは、自家製のかぼちゃプリンに、ピスタチオのジェラート、そしてロールケーキと、とってもキュート。しかも、かぼちゃプリンは、シナモンの風味がきいていて大人味の絶品です。お腹いっぱいでもペロッと食べ終えてしまいますよ。
【Pesce Azzurro】
◇ヴェネツィアセット
価格:2,600円(税込)
住所:千葉県茂原市町保4-86

【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像23
実は「ジビエ」の街でもある茂原。というのも、千葉県内では年間3万5,000頭ものイノシシが捕獲されるため、警備やセキュリティサービスの「アルソック」が、捕獲したイノシシを食肉へ加工する施設「ジビエ工房茂原」を開設したのです。

高たんぱく低脂質と、その栄養価に注目が集まるジビエ。そのお肉は、「日本料理竹りん」で楽しむことができます。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像24
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像25
今回いただいたのは「ジビエ御膳」。牡丹鍋は、すき焼きでいただきます。ジビエ初体験となる筆者には「くさい、クセがある」のイメージが強く、ハラハラしながら口に運んでみると……意外や意外。臭みは全くなく、フワッと甘みも感じます。脂身の部分ですら、しつこさもなくさっぱり。抱いていたイメージとは真逆のおいしさに、驚いてしまいました。カツレツやスープにもイノシシの肉を使用しており、まさにジビエづくしの内容。茂原に来たらジビエもお忘れなく!
【日本料理竹りん】
◇ジビエ御膳
価格:2,200円(税込)
住所:千葉県茂原市八千代3丁目13-9

【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像26
今話題の「マリトッツオ」も、地元の有名スイーツ店から発売されています。茂原公園に咲く白ツツジの天然花酵母を使用したパンを使用し、お店ごとに違った味わいが楽しめます。また、「茂原樟陽高校」の生徒さんが授業で作るジャムをサンドしたご当地スイーツ「樟ツツトッツォ」なんてものもあり、食べ比べも楽しそう!
【茂原黒船菓子店】
価格:300円(税込)
住所:千葉県茂原市早野2357

【創作スイーツ&フレンチ レーヴ】
◇樟ツツトッツォ
価格:300円(税込)
住所:千葉県茂原市八千代1-8‐9

【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像27
たくさんの撮影やロケが行われている茂原市だからこそ、ロケ弁もチェックを!こちらは、「青のSP」の皆さんも食べたという居酒屋「紋七」のロケ弁。品数も多く、お肉と魚が一度に食べられるメニュー構成はさすがです!

現在「紋七」は、店舗移転のため居酒屋は休業中ですが、お弁当は購入できます。お弁当を持って、茂原公園を散策しても楽しいかもしれませんね。
【紋七】
住所:千葉県茂原市高師825

ホテルでもロケの裏話が聞ける……かも!?
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像28
宿泊は、「ビジネスホテルセントラル」へ。ホテル周辺は住宅となっているため、とても静かでゆっくりと身体を休めることができます。こちらのホテルは、ドラマや映画の撮影があった際に、俳優さんやスタッフさんが宿泊することが多いのだとか! もしかしたら裏話が聞けるかも!?
【ビジネスホテルセントラル】
住所:千葉県茂原市高師3002-4

感動が続く大人の社会科見学!
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像1
世界に誇る技術力を持つ企業が多い茂原市は、工場見学も楽しみのひとつ。まずは、天然ガスの開発からヨウ素の生産を行う会社「関東天然瓦斯開発」へ。千葉県の地下には天然ガスが豊富に眠っており、ガス井戸を持つ民家もあるのだとか!
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像30
駅からも見える大きなガスホルダーを間近で見ることができるほか、ガスとヨウ素が混ざった地下水を組み上げる「ガス井戸」に触れてみたり、
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像31
ガスと水が分かれたあとの地下水を実際に舐めてみたり、ガスに匂いをつける瞬間を見ることができたりと、かなりレアな体験ができます。ここで作られたガスが、千葉県の家庭や飲食店などで使われているかと思うと、なんだか感動的な気分になります。
【関東天然瓦斯開発】
住所:千葉県茂原市茂原661

【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像32
ドローンやラジコン機器のトップシェアメーカー「双葉電子工業」では、スチールプレートの工場見学ができます。大きな機械が動く様子や聞いたことのないような音、そして匂いと、まるで異空間。機械が規則的に動く姿は、ずっと見ていられるから不思議です。
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像33
また、双葉電子工業の社員でありながら、ラジコンの世界選手権のチャンピオンによるデモ飛行も見せていただきました。ものすごい速さで飛び回り、次々に繰り出される技に見入ってしまいました。
【双葉電子工業】
住所:千葉県長生郡長生村薮塚1080

カメラや鍵穴、トイレやシートベルトなど、幅広い部品を製造・販売する「日本機材」。ここでは、鉄やアルミ、銅などの粉末が、混合、成型、焼結といった過程を経て、生活に密着した様々な部品となります。出来上がった製品を見ると、「おおお!」と感動すること間違いなし。
【日本機材】
住所:千葉県茂原市本納3210‐14

お土産はここで!
【マイクロツーリズムにもおすすめ】ロケ地巡りや工場見学も!千葉県・茂原市 画像34
最後は、お得情報です。あられやおかきを製造する「三真」の直売所「あられちゃん家」は、おせんべい天国! 衝撃的な価格で、いろいろな商品が購入できます。気づけば買い物かごいっぱいになってしまいますよ。
【あられちゃん家】
住所:千葉県茂原市萱場2244‐1

東京からもアクセスがよく、ほどよく都会でほどよくのどか。あれこれと魅力たっぷりの茂原市で、普段はなかなか体験できない旅をしてみませんか?
[All Photos by koume]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。