おでかけ

肉食女子のメッカ、ケニアにある野生動物の肉専門店って?

ケニアの首都・ナイロビには、肉食女子なら「一度は行ってみたい!」と思う肉専門レストランがあります。その名も「カーニバル」。ただこのレストラン、普通のレストランとはすこし違うんです。それはどういうことなのか、筆者の体験談を含めその謎に迫ってみたいと思います。

■あわせて読みたい
【新宿三丁目】7種のジビエをコースで!熟成肉とジビエの「パンとサーカス」
http://tabizine.jp/2016/04/22/70471/

変わったお肉が食べられるお店
肉食女子のメッカ、ケニアにある野生動物の肉専門店って? 画像1
(C) The Tamarind Group

このレストランが注目される理由は、このお店の特性にあります。なんとこのレストラン、「いろんな種類の動物のお肉」が食べられるレストランなんです。その内容は動物大国ケニアならでは。では具体的にどんな動物のお肉が食べられるのか、早速ご紹介してきましょう。

だちょう
肉食女子のメッカ、ケニアにある野生動物の肉専門店って? 画像2

脂身のすくないダチョウはヘルシーで臭みもなく、日本人の舌にも合うお肉のひとつ。引き締まった赤身の肉は歯ごたえのある食感で、感想としては「ちょっと牛肉と似てるかも・・・」と思うほどに食べやすい味でした。
シマウマ
肉食女子のメッカ、ケニアにある野生動物の肉専門店って? 画像3

物心ついた頃から本来シマウマは「シマウマさん」であって決して「食べる」ものではないと最初は躊躇していた筆者ですが、せっかくのチャンス。ここは逃すわけにはいきません。ということで実食してみたのですが、味は馬肉そのもの。口に運ぶと鼻からすっと馬肉の香りが抜けていきます。ただ肉の食感としてはやや固めで、野生動物を彷彿させる歯ごたえがあります。

ワニ
肉食女子のメッカ、ケニアにある野生動物の肉専門店って? 画像4

ワニの肉の見た目はその強靭な外皮からは想像ができないほどに白く透き通っており、見た目だけだと「え?鶏肉?」と見間違えてしまうほど。そして実際に食べてみても味は限りなく鶏肉に近く、歯ごたえこそはあるものの臭みもなく食べやすい一品です。そして嬉しいことにワニ肉というのは低カロリー・低脂肪・高タンパクの三拍子が揃った優秀な食材。「お肉大好きだけどダイエットもしたい!」そんなわがまま肉食女子にもぴったりのお肉がこの「ワニ」なんです。
ガゼル
肉食女子のメッカ、ケニアにある野生動物の肉専門店って? 画像5

日本人には馴染みのあまりないガゼルという動物。なんでもここのレストランの一押しメニューだそうで、どんな味かといえば牛肉に近いテイストと食感。それもそのはず、ガゼルの属性はウシ科なので、ほとんど牛肉といっても過言ではありません。ただすこし獣臭がするのですが、それに慣れてしまえば癖になる味です。

肉食女子のメッカ、ケニアにある野生動物の肉専門店って? 画像6
(C) The Tamarind Group

ほかにはウサギやハートビートというアフリカならではの野生動物、そして牛の睾丸など、びっくり仰天するような変わったお肉が満載のここカーニバル。ブッフェ形式なので、好きなものを好きなだけ食べられるのも肉食女子には嬉しいポイントです。日替わりメニューなので運が良ければレアな動物に出会えるかもしれません。

■The Carnivore
住所: Langata Road, Near Wilson Airport, PO Box 56685, City Square 00200, Nairobi,
電話:020-5141300
携帯:0733611608 / 0722204647
営業時間: 12:00p.m.-15:00p.m. & 18:30p.m.-23:00p.m.

[Photos by Shutterstock.com]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。