おでかけ

フランス人は日本人の2.5倍映画を観る〜日本とフランス、映画鑑賞の違い〜

芸術の秋と言えば、映画。夏が終わると、新しい映画が続々と公開され、映画を堪能したくなる季節です。映画といえばやはりハリウッドが本場のように思いますが、映画の誕生の国であるフランスもまた変わらずコンスタントに映画が制作されています。

「このままでいいの?日本人〜フランスと日本、読書量の圧倒的な違い〜」に続く日本とフランスの文化ギャップ、今回は日本ではなかなか聞こえてこないフランスの映画事情について、日仏の比較をもとに見ていくことにしましょう。

映画の入場者数
フランス人は日本人の2.5倍映画を観る〜日本とフランス、映画鑑賞の違い〜 画像1
2015年度の日本の映画人口は1億6600万人でした。フランスは2億600万人です。数字上ではフランスの方が入場者数が多いなぁという風に感じる程度ですが、フランスの人口は6632万人(2014年度)と日本の約2分の1。日本に比べて、フランスの映画人口はかなり高いといえます。

安価なフランスの映画入場料
フランス人は日本人の2.5倍映画を観る〜日本とフランス、映画鑑賞の違い〜 画像2
2014年の日本の映画入場料の平均が1285円に対し、フランスの映画入場料の平均は6,38€(730円/2016年11月現在 1€=1.14円)。値段が随分と違いますね。フランスのシネコンUGCの一般の値段が、11€50(1300円)。日本のTohoシネマズの一般の入場料は1800円です。フランスは一般料金の値段も安いことに加えて、映画好きのために毎月21,90€(2500円)で、映画が見放題になるフリーパスなんかもあります。フランスは誰もが映画を見れるように手の届きやすい料金に設定されているように思います。

自国の映画?それとも外国映画?
フランス人は日本人の2.5倍映画を観る〜日本とフランス、映画鑑賞の違い〜 画像3
2015年度の統計では日本では邦画が55,4%、洋画が44,6% 。フランスではフランス映画が44,7%、外国映画が55,3%という結果になりました。日本の方が自国の映画を見る割合は高いですが、それでも両国共に、ハリウッド映画だけでなく、自分の国の映画を見る人の割合は高いといえます。

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。