スポーツ

元メジャー上原さんが始球式 女子選手活躍に「光っていた」

マクドナルド・トーナメントの始球式に臨む元レッドソックスの上原浩治さん。
マクドナルド・トーナメントの始球式に臨む元レッドソックスの上原浩治さん。

 米大リーグ、レッドソックスなどで活躍した上原浩治さんが8月17日、新潟市のハードオフ新潟で行われた高円宮賜杯 第41回 全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメントの始球式に登板し、第1試合をインターネット配信で解説した。

 現役時代は大リーグ屈指の制球力で知られたが、始球式では球がやや上ずり「悔いが残ります。ボールだったので」と苦笑した。開始式に参加した第1試合の2チームと前年度優勝チームの選手たちは上原さんの登場に興奮した様子で拍手を送った。

3

 試合は地元の新潟JBallがサヨナラ勝ち。上原さんは勝利の原動力となった女子選手、白井陽向(ひなた)さんの活躍を「一番光っていた。素晴らしかった」と絶賛した。

 白井さんは先発登板して3回1失点。七回にも好救援し、打っては中越え2点三塁打と左越え二塁打。上原さんは「今は高校でも女子野球があるし、プロもある。彼女には野球を続けてほしいと伝えたい」とエールを送った。