エンタメ

Snow Man主演・演出で「滝沢歌舞伎ZERO FINAL」の上演が決定 岩本照「自分たちの手で終止符を打てるのが本当にありがたい」

Snow Man主演・演出で「滝沢歌舞伎ZERO FINAL」の上演が決定 岩本照「自分たちの手で終止符を打てるのが本当にありがたい」 画像1

 新橋演舞場「滝沢歌舞伎ZERO FINAL」制作発表記者会見が8日、東京都内で行われ、主演のSnow Man(岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、佐久間大介)が出席した。

 2006年に誕生した「滝沢演舞城」は、19年に「滝沢歌舞伎ZERO」としてさらなる進化を遂げ、これまでシリーズに出演を重ねてきたSnow Manに主演が引き継がれた。

 そして、今年はSnow Manが初めて演出も担い、「滝沢歌舞伎ZERO」のFINAL公演を飾るにふさわしいステージを披露する。

 岩本は「Snow Manというグループ名が付いたのも『滝沢歌舞伎』。僕らが初めて主演をしたのも『滝沢歌舞伎』。自分たちを語る上で欠かせない作品に、自分たちの手で幕を降ろせる、終止符を打てるのは本当にありがたいと思っております」と語った。

 深澤は「皆さんのお力も借りながら、この公演を盛り上げていけたら」と語り、ラウールは「純粋にこの9人で1カ月間も舞台ができる機会というのは、もしかしたらこの先ないかもしれない。1回1回を大切に、お客さんを純粋に楽しませるんだという気持ちを忘れずに頑張りたい」と意気込みを語った。

 一方、渡辺は「後ろに並んだカメラ、ワイドショーのカメラですよね?」と確認すると、「あの、タッキー見てる?」と、本シリーズの演出を手掛けてきた滝沢秀明氏に向けて笑顔でメッセージを送った。

 すかさず向井が「おい、やめなさい。ちゃんとフルネームで言いなさい」と突っ込みを入れて会場の笑いを誘った。

 そんな向井だが、「僕にとって『滝沢歌舞伎ZERO』は上京するきっかけにもなった記念すべき大好きな舞台。FINALということで、悲しむ人もいると思うけど、明るい気持ちで、全ての人にすてきなエンターテインメントをお届けできるように頑張りたい」と言葉に力を込めた。

 目黒は「滝沢歌舞伎は、僕たちの青春が詰まった作品。FINALとなりますが、皆さんの心の中にはずっと生き続けると思うので、より多くの方に目に焼きつけてもらえたらうれしいです」と語った。

 また、演目について聞かれた岩本は「ネタバレになるかもしれないけど、腹筋太鼓はやります」と宣言。

 さらに本公演の模様が、映画館でライブビューイング(生中継)されることにも触れ、「今回の公演は一幕制でお届けします」と発表した。

 「体力的にハードなのでは?」と問われると、「体力や精神力を削って、エネルギーや笑顔、感動を届けるのが『滝沢歌舞伎』の本来の姿。僕らが“苦しい”となっているところも、隠さずにお届けできたら。追い込まれると強い9人なので僕は楽しみです」と笑顔を見せた。

 舞台は4月8日から4月30日まで都内・新橋演舞場で上演。