エンタメ

伊藤沙莉、映画『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』に主演 マリコの彼氏で自称忍者のMASAYA役には竹野内豊

伊藤沙莉、映画『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』に主演 マリコの彼氏で自称忍者のMASAYA役には竹野内豊 画像1

 伊藤沙莉が主演し、竹野内豊らが共演する、映画『探偵マリコの生涯で一番悲惨な日』が、2023年に公開されることが決定した。

 本作は、『ミッドナイトスワン』の内田英治監督と『岬の兄妹』『さがす』の片山慎三監督がタッグを組み製作。東洋の魔窟と称される“歌舞伎町”を舞台に、ブラックユーモアあふれる、過激で少しだけアダルトなストーリーが展開する。

 主人公は、新宿ゴールデン街、三番街にある小さなバー「カールモール」のカウンターに立つ女マリコ(伊藤)。

 日々バーテンダーとして常連客の相手をしているが、実は探偵稼業というもう一つの顔を持っていた。

 ある日、とある組織から「歌舞伎町に紛れ込んだ宇宙人を探してくれ」という依頼を受け、恋人で自称忍者のMASAYA(竹野内)の協力のもと、宇宙人に迫っていくのだが…。

 伊藤と竹野内の他、北村有起哉、宇野祥平、久保史緒里(乃木坂 46)、松浦祐也、高野洸らも出演する。

 伊藤は「お二人(内田監督と片山監督)が、共に手掛ける作品はどんなものになるんだろうとワクワクしていました。台本は、新しい構成で、初めての世界観に緊張すら覚えましたが、そこにとても面白みを感じました」とコメント。

 撮影については、「日数が少なかったこともあり、あっという間に過ぎて、終わってしまったとき、正直“もっとやっていたい”と思いました。でも監督たちのそれぞれの魅力を改めて知り、感じることができた日々でした」と語った。

 続いて、「マリコを軸に置きつつ、なかなか色濃いキャストたちが織りなすなかなか色濃い群像劇なので、ポップコーン片手に、楽しく見ていただけたらうれしいです」と呼び掛けた。

 一方、竹野内は「多種多様で独特な文化が入り交ざる新宿の街を舞台に、主演の伊藤さんと個性豊かな役者たちが、六つに分かれたオムニバスの中で奇想天外な人間模様を映し出します。夜の撮影は、体の芯まで冷えて皆さん大変だったと思いますが、アットホームな現場で楽しい時間を過ごすことができました。私自身も完成が楽しみです」とメッセージを送った。